Gateway Voyage 始まりました!

IMG_0554修正


いま、小淵沢に来ています。
昨日から、第31回Gateway Voyage が始まりました。
朝、関東地方はゲリラ低気圧の影響で大変だったようですが、
ここ小淵沢は朝からとても良い天気でした。

今回の参加者は15名。
最年少の参加者は22歳、最年長は65歳という、
年齢的にも個性的にも幅のある方々がご参加されています。

午後、皆さんが到着し、無事セミナースタート。
初日はF10を中心に3セッション。
みなさん、お疲れ様でした。

今日も楽しいセッション満載です。
微力ながら、精一杯お手伝いさせていただきます。

明日からスターラインズ2

いま、小淵沢に来ています。
明日から始まる「スターラインズ2」の準備のため、参加者の皆さんより
1日早く現地入りです。

このプログラムは、フォーカス42からフォーカス49、さらにそれを超えて
銀河コアの向こう側まで探索する、壮大なプログラムです。
今回も、再受講の方を含め21名が参加予定です。

さて、どんな体験が待っているのか‥‥‥
明日からが楽しみです♪

大多喜ハーブガーデン

1.jpg

来週(2月28日)からはじまるアクアヴィジョンの宿泊セミナー
「ガイドとの邂逅コース」の会場となる、千葉県の大多喜ハーブガーデンに
一足お先に行ってきました。

素晴らしい会場です。
大自然、落ち着いた部屋、ゴキゲンな料理。
ヘミシンクの体験にはもってこいの環境が揃っています。

ガイドとの邂逅セミナー、まだ間に合います。
お申し込みは以下から。
http://www.aqu-aca.com/seminar/encounter/

モンロー研にて

DSC_0182.jpg


モンロー研の宿泊型プログラム、「StarlinesⅡ」に参加するため
アメリカに来ている。
3年前に来たときにはほぼ毎日晴天だったのだが、
今回はあいにく天気が今ひとつ。
だが、天気が悪くても、それはそれで雰囲気があって良いもんだ。
昨日はフォーカス49で銀河系コアのスターゲートを超えて
その先の世界に行った。
そして今日はさらに・・・・・・
詳細は追ってご報告させていただく。

今はモンロー研での瞬間瞬間を、思う存分楽しみたい。

熱海でもらったメッセージ

先日、熱海に行ってきた。
ヘミシンク熱海F15スペシャルである。
このセミナーは、22日から25日までの4日間で、F15をじっくりと体験する。
私は別の用事があったため、23日の夜から合流した。
私は夕食からの合流だったため、F15超時空コースは終わった後だった。
夜からの合流と言うことで、宴会からの参加である。
美味しい海鮮鍋に舌鼓を打ち、カラオケで盛り上がり、よく暖まる温泉に浸かり
本当に楽しい夜だった。
翌日からはヘミシンクをみっちり聴いて、料理や温泉に負けない体験が出来た。
F15を一言で言うと、時間的空間的束縛から解放された状態、となる。
時間にも空間にも束縛されないため、様々な体験が期待出来る意識状態といえる。
そういう意味でF15は、非常に可能性に満ちたフォーカスレベルである。
いくつかのセッションは(例によって)やっちまったが、
起きていたセッションでは面白い体験が出来た。
中でも、最終日のセッション「未来の自分から今の自分に対してメッセージを
もらう」では勇気づけられるメッセージを得ることが出来た。

セッション中、10月のスターラインズのときにご一緒したある女性の顔が
見えてきたのだ。この女性、スターラインズの体験シェアで
「今の自分が過去の自分に(今の生き方について)質問されたら、今のままで
良いんだよ、何も心配することないよと言ってあげる。だから今の自分のことを
未来の自分に訊いたら、きっと今のままで良いよ、って行ってくれると思う」
という話をしていた。
その女性のことを思い出したということは、自分も「今のままで良い」と
言われている、ということなのだろう。
そして見えてきたのは10年後の自分の姿。
今よりも若干老けてはいるが、ほとんど今の自分と変わらない。
ただ、顔は今よりも穏やかな感じになっているように思う。
ストレスのない、とても穏やかに微笑んでいる10年後の自分。
大成功して大金持ちになるとか、そういう大きな変化があったようには見えない
が、今から10年間、良い人生を送っていくのだろう、というのが感じられる。
今のままで良い・・・何とも勇気づけられるメッセージだ。

日頃の喧騒から距離を置いた場所で、リラックしながらヘミシンク三昧。
これはなかなかに贅沢なことだと思う。
熱海スペシャル、来年もあるとのことなので、来年はご参加を検討されては
いかがだろうか。

既成概念(2)

スターラインズ・プログラム、5日目が終了した。
一昨日の書き込みで。既成概念についてガイドから受け取ったメッセージを
ご紹介したが、その後も続けて既成概念についてのメッセージは届き続けた。
その中で非常に面白いものがあったので、この場でご紹介したいと思う。

セミナー3日目、昼休みを利用して樹齢500年になるという樅の木を
見に行った。
場所はセミナー会場から車で5分ほどの近場である。
希望者を募り、車2台に分乗して500歳の木に向かう。
何の案内もなく、地元の人に聞いてなければ絶対に分からない場所にその木は
あった。
なかなかのパワースポットなのだろうが、私にはよく分からない。
(私はそういう感性が人一倍鈍感に出来ているようだ)
みんなで木の周辺を散策し、車に戻る道を歩いていると、
何処からともなく猫の鳴き声がする。
見回すと、なんと可愛らしい猫が、木の上の枝に乗っているではないか。
高さにして10メートル以上はあるだろうか。
下から見上げるほどのところにその猫はいた。
その木は、猫がいる高さ10メートルを越えるところまで枝らしい枝がない。
猫は何かに追いかけられたかして、その木に上り始めたは良いが、
途中に枝がないため、枝のある場所まで必死に駆け上がったのではないだろうか。
上ったは良いが、さて降りる段になって「困ったな」となったのだろう。
心細そうな声でミャァと鳴く猫だが、助けようにも助けることが出来ない。
「レスキューでも電話して助けてあげたほうが良いんじゃないの」
「大丈夫、猫はあのくらいの高さは降りられるから」
「いやぁ無理でしょ、飛び降りたら骨折るよきっと」
いずれどうすることも出来ないままに、たぶん大丈夫だろうということで
その場を立ち去った。
(その後どうなったかは定かではないが)

そして翌日のF42セッションで自分の側面を集めていると、昨日の木の上の猫
がイメージに出てきたのだ。
いやなこと、嫌いなことから逃げ続けて、追いつめられ二進も三進も行かなく
なった自分の側面を象徴しているのだろう、そう解釈した。
その際のガイドからのメッセージは

「何とかして木から降りるのではなく、空に向かって飛べ」

というものだった。
飛んだら間違いなく大怪我、下手をすれば死ぬでしょ、そう思っていると、
「だからそれが既成概念。もしかしたら隣の木に飛び移れるかもしれないし
何が起こるか分からないでしょう。見える結果がすべてじゃないよ」
というメッセージが入ってきたのだ。
なるほど、と思いつつ、飛ぶという選択肢もあるんだ、と感心した次第。


ところが翌日、もっと凄いメッセージが届くことになる。
初めてのF49セッションの際、やはり同じく冒頭にガイドのユーカリさんが
登場。

「昨日のあの猫ね、本当はいなかったんだよ」

ギョッとする。
いなかったって・・・確かにいたでしょう、みんな見てるし。
写真を撮ってた人だっているんだから、いなかったってことは流石にないで
しょう。何を言い出すんだユーカリさん。

「だ・か・ら、それが既成概念なんだってば」

既成概念って・・・いましたって、ちゃんと木の上に!
そう思った瞬間、はたと気がつく。
木の上に猫が本当にいたかどうかは問題ではないんだ。
「いなかった」ことを否定することが既成概念なんだ・・・

どんなことでも、たとえそれが絶対的な確信があることでも
既成概念のワナが潜んでいることがある。
そのことをユーカリさんは私に伝えたかったのだろう。

既成概念を取り除くのは、想像以上に大変な作業かもしれない。
コツコツとひとつずつ、取り除いていくしか方法はないのだろう。
その作業を楽しみながら続けることで、非物質界の知覚が少しずつ
拡がっていくのだろう。

既成概念

スターラインズ3日目が終了した。
昨日一昨日とほぼ寝っぱなしに近い状況だったが、
今日は全セッション一睡もせずに体験できた。
前2日間の寝落ちは、今日から始まる体験のための調整期間だったようである。
今日は午前中にF34/35で太陽系の外側の惑星(土星、天王星、海王星、冥
王星)を探索した。
そして午後からはF42で太陽系近傍の星々を訪れた。
これらの具体的体験についてはまたの機会に譲るとして、
今日のいくつかのセッションの冒頭に面白い体験があったので、ご紹介したい。


セッションの最初にF27に行くと、ガイドのユーカリさん(ポニーテールの
ティーンエイジャー姿のガイド)が現れて

「ねえ、遊ぼ♪」

そう言って、ユーカリさんは巨大水晶めがけて猛ダッシュする。
そして凄い勢いで水晶にぶつかっていく。
勿論、水晶もユーカリさんも非物質存在なので、難なくユーカリさんは水晶を
通り抜けていく。

「キミもやってごらんよ」

そう言いながら、水晶の向こうから手を振る。
そう言われても、全速力で水晶に向かって突進することを考えると少し怖い。
走り始めるのを躊躇していると、

「ほらほら、水晶にぶつかっちゃうとか思ってるんでしょう。その既成概念が
体験の邪魔をしているんだよ」

確かにユーカリさんの言う通りである。
意を決して水晶に向かって思い切り走って突っ込む。
当然ながら何事もなく、水晶を通り抜けて向こう側に行けている。

「これで既成概念がひとつ消えたね」

そう言ってユーカリさんは微笑んだ。
ここで探索開始のナレーションが始まる・・・


こんな調子で、続くセッションの冒頭でもユーカリさんが登場。
ユーカリさんは何もない草原で、階段を昇るような動作で空中に上がっていく。

「キミもこっちおいでよ〜」

そう言いながら空中に浮かんだまま私を手招きする。
そう言われても、何もない空間を、あたかもそこに階段があるが如く空中に
浮き上がるなんてこと・・・

「ほらまた! それが既成概念なんだってば」

そう言って空中から私を睨んでいる。
言われてみれば、ここは非物質界な訳だし・・・やってみるか。
何もない空間を、階段を上がるようなつもりで足を前に出すと、一歩ずつ
体が空中に浮いていくではないか。

「ね、既成概念はキミ次第で無くせるんだよ」


その次のセッションの冒頭でも再びユーカリさんが登場。
今度は逆さまになって歩いてみろという。
これも出来ないと思うのは既成概念なのだろう、思い切って逆さまになって
歩いてみると、難なく出来てしまう。
頭上に草原が拡がり、足下に空が拡がっている。
ユーカリさんは黙って微笑んでいる。

その後のF42での体験が、思いの外うまくいったのは言うまでもない。
普段、いかに既成概念に囚われているかを思い知った出来事だった。
ユーカリさんに感謝。

小淵沢の朝(土曜日)

スターラインズ受講のため、小淵沢に来ている。
初日はおもに今までの復習であり、F10〜F27までの意識状態を
3セッション行った。
風邪気味なのと日頃の疲れがたまっている所為か、3セッションとも
思うような体験はなかった(というよりクリックアウトしていた)
まあ、残念といえば残念だが、初日は寝るだろうなと思っていたので
ある意味想定内とも言える。
出来事は起こるべくして起こる、ということなのだろう。
さあ、今日からが本番である。
夕べはしっかりと睡眠をとったので、今日はいろいろと体験できるだろう。

どんな体験ができるか非常に楽しみである。

小淵沢は良い天気である。
朝は東京では考えられないくらい冷え込む。
まるで冬の朝のようだ。
部屋の窓から見える木の枝に、小さな小鳥が飛んできて止まっている。
針葉樹の枝が風に揺られてゆっくりと踊っている。
朝日に照らされた薄雲が、いくつもの色に染まっている。
日頃の喧騒がうそのような環境の中、最高の目覚めができたことに感謝である。

ガラにもない文章を書いた所為か、続きが出てこない(笑)
まあそういうことで(どうでもいいが)

今日からスターラインズ

今日から小淵沢でスターラインズが始まる。
スターラインズは、モンロー研の宿泊型セミナーで、
主にF35〜F49を探索する。
地球生命系を超えた意識状態を探索することで、どんな体験が出来るのだろう。
昨年参加したX27(エクスプロレーション27)でもF35を探索したが、
今回はさらにその先、F42、F49を詳細に探索する。
地球生命系を超えていくと、どんなことになるのだろう?
既出の本や体験者のブログを見れば、本当に様々な体験談を知ることが出来るが
自分自身の体験はどのようなものになるのか、非常に楽しみだ。
ヘミシンクの良いところは、人から押し着せられたものではなく、
自分自身で体験できること。

私は今回、どんな体験が出来るのだろう。
…寝てしまうかもしれないが…

坂本さんの新刊

坂本さんの新刊「東日本大震災とアセンション」
お読みになっただろうか。
読んでみて、この本の内容のかなりの部分が、
先日開催された「アセンションセミナー」の内容に活かされている
ということに気付いた。
地球コア、銀河系コアとの繋がりを回復し、自分の中に生命エネルギーを
取り入れることによって、アセンションが加速する・・・
それを様々な形で実践するのがアセンションセミナーだったように思う。

坂本さんは、次回開催は未定だと言っているが、
開催されたら是非とも参加されることをオススメする。
NEXT≫
soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード