やっぱり夜の方が・・・

ヘミシンクを聴いても落ちてしまう件について、自分なりにいろいろと工夫しているが、
やはり朝よりも夜の方が良いのかな、と少し思い始めている。
それは、ここのところずっと朝早起きして聴くようにしているのだが、
やはり完全に起き切れていないのか、聴きながら二度寝してしまうこと多々なのである。
まず、しっかりと目を覚ます努力をしてみた。
冷たい水を飲む、濃いコーヒーを飲む、お菓子やパンを食べる、軽く体操をする・・・
それでも二度寝してしまう。
熱い風呂に入れば目が覚めるだろう、ということで風呂に入ってみる。
身体がしゃきっとした気がする。いざ聴いてみるが、二度寝・・・
試しに、久しぶりに夜聴いてみた。
少し微睡んだ感じはあるが、1セッションくらいは何とかなった。
やっぱり夜の方が良いと言うことなのだろうか・・・
さておき、夕べ寝る前に聴いたF12「離脱点」の体験報告。

いつもはリクライニング出来る椅子に座って聴いているが、寝る前と言うことでベッドで聴いている。
レゾナントチューニングあたりから感覚が違う気がする。
全身を薄く取り巻くような感覚で微妙に痺れている。ジワーンみたいな感じ。
ナレーションに従い、身体の中で意識だけをゆっくりと回転させる。
今回はうまくいかない。多少クリックアウト気味なためだろうか、180度まで回らない。
何度かやり直すが、やはり上手く回れない。
完全に回転できてはいないが、ナレーションに従い自分の身体から浮き上がるイメージをする。
全身の痺れが増す。意識だけを浮き上がらせることが出来ない。
浮き上がろうとしてはいるのだが、何かに閉じ込められていて抜け出せない、と言った感覚。
やがて全身の重力感覚が薄れていく。
自然に腕や脚が浮いていくような(実際は浮いていないと思うが)感覚がある。
その間も全身の痺れは継続的に続いている。
あと一歩で浮き上がりそうな感覚はあるのだが、駄目だった。

今回の体験は、いつもの意識を拡大させていく時の感覚とは全く違った感じだった。
もしかしたら、体外離脱しかけたのか??
痺れ、と感じた感覚は、モンロー氏の著書にある振動、と言う奴のことなのだろうか。
初めての経験なので、その真偽が判断つきかねる。
NEXT≫
soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード