スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろなCD

モンロー研からリリースされている様々なCDをご紹介したいと思う。
最も有名、かつ基本は当然のことながら 「ゲートウェイ・エクスペリエンス」 だろう。
3枚組のCDが全部で6巻。 F10 から F21 までをカバーするモンロー・プロダクトの要である。
恐らく、私のブログをお読み頂いている方は、この辺はお持ちだろうと思う。
F21 を超える領域をカバーする CD が 「Going Home」 である。
これは末期患者のために開発された CD で、あっちの世界へのスムーズな移行を促すもの。
このため、後半の CD には 「戻ってくる」 誘導ナレーションが入っていない。
F27 までリラックスしながら行けるため、私は結構お気に入りである。
これら以外にも、体外離脱のための CD とか(申し訳ない、私は持っていないためご紹介出来ない)
ハートを開く練習用の CD (Opening The Heart) とかあり、これらは数枚の CD セットである。
シングルタイトルで 「モーメント・オブ・レバレーション」、「ビジット」 なども手軽に変性意識状態が
体験出来る。
音楽と一緒にヘミシンク音が入っており、ヘッドフォンを通して聴くだけでなく
BGM としても聴けるのがメタミュージックである。
これらはお勧めである。実に様々な種類がリリースされている。
どれを聴いたらいいのか迷ってしまうと思うが、そう言う時はアクアビジョン・アカデミーのCD購入
サイトが良い。
ここではメタミュージックの一部を視聴出来るようになっているので、CD の印象がわかりやすい。
私のお気に入りをいくつかご紹介すると、
「OASIS」 ギター中心の穏やかなサウンド。ブログを書きながら聴くことが多い。
「FLOW」 2008年の新作。 通勤の時とかに i-Pod で聴く。
「River Dawn」 ピアノソロ。これは驚くほど穏やかな気分になれる。
「Remenbrance」 集中用。とはいってもメロディラインはとても綺麗。これも通勤用。
「Inner Journey」 風の噂では、F35 に行ける、かもよ、というCD。私はこれで F35 には行けていない。
メタ・ミュージックについては好みがあるので、私のお気に入りが必ずしも万人に良いか
と言えば、?、であるが。
メタ・ミュージックに入っているヘミシンク音はほとんどが F10 か F12 だというから、
ヘッドフォンで聴けばそれなりの効果も十分に期待出来る。
そうそう、最後に 「キャットナッパー」 のご紹介。
30分聴くだけですっきり睡眠が得られる、という触れ込みに惹かれ購入。
最後まで聴いたことがない。毎回確実に途中で寝てしまう。
それもぐっすり。
そういう意味では熟睡には効果的?
スポンサーサイト
NEXT≫
soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。