スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーブ

年末年始にタヒチ・イースター島に旅行した際に撮った写真にこんな1枚があった。


p10100282.jpg


これは間違いなく、オーブだ、と、思う。
オーブについては諸説がある。
心霊写真だ、と言う人もいるし、玉響(たまゆら)であるとか、ただの埃がピンぼけで写っただけ、と言う人もいる。
どのような解釈をしようとも、それはその人の自由である。
見た人が自由に解釈すればいいと思う。
私はある人から、オーブは 「人々が楽しんでいるところによく写る」 と聞いたことがある。
何かの非物質存在が、楽しい空気(波動?)に引き寄せられる、と言うことなのだろう。
またある人からは 「オーブは妖精である」 とも聞いたことがある。
妖精、と言うのが何を指しているのか、私には今一つはっきりしないが、
要は楽しい空気に引き寄せられる存在なのだから、ネガティブなものではないのだろう。
個人的に上記の写真は非常に気に入っており、2Lサイズに引き延ばして部屋に飾っている。
なんとなく、楽しい空気のお裾分けがありそうな気がするもんで。

追伸
過去のアルバムを見返してみると、もう10年以上前に妻が撮った写真にもオーブが写っているものがあった。
まだ子供が小さい頃のもので、妻の実家(東京郊外の寺である)で夜、花火をやっている写真である。
子供が楽しそうにはしゃいでいる、その横で、ジィジ(妻の父・故人)がやはり楽しそうにしている。
そこにいくつかのオーブが写り込んでいる。

やはり、オーブは楽しい空気に誘われてくるのだ、と思う。
決して変なものではない、と思う。
機会があれば、また写ると良いな・・・

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。