離脱?

今朝はF12「離脱」を聴く。
ナレーションに従い、ゆっくりと体内でセカンドボディを回転させるイメージをする。
最初は無理矢理回そうとしたが、うまくいかず。
ナレーションが「ゆっくりと」とアドバイスしてくれたので、ゆっくりと回すイメージをしてみる。
すると、何となく回転できた気がする。
身体は上を向いているのだが、意識(=セカンドボディ)は下を向いている。
自分の顔を見てみると、何とも阿呆な感じである。
口を半開きにしている。情けない。
ナレーションに従い、ゆっくりと意識を上昇させる。
肉体から数十センチ程度、浮き上がった気がする。
目の前にモヤモヤとした淡い光が見える。
やがて、小柄でスレンダーな若い女性が見える。
今回はかなりはっきりと明確に、映像を見ているようにクリアに見えた。
ショートヘアで、目が大きくてパッチリしている。
なかなかの美人である。
新しいガイドか?
どうやらそのようである。
名前を尋ねると、「シンガ」とか、「シンガス」とか聞こえた気がするがはっきりしない。
私の独断で、「シンガス」さんと命名することにする。
ナレーションの指示で肉体に戻る。
戻る際、無意識に何も気を遣わずに戻ろうとしたところ、全身と頭部が大きく振動した。
この瞬間、本当に自分の意識(の一部かもしれない)が肉体から離脱していたことを実感する。
これは私にとっては新しい、それでいて非常に興味深い経験となった。
今までは、意識を拡張している際に、肉体の一部が軽く振動することはあっても、こんなに強烈に振動を感じたのは初めてである。
本当に「離脱」というのはあるんだな。
最後に、シンガスさんにまた会えるか確認することを忘れなかったことを付け加えておく。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード