スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これって、体脱?

この間、ちょっと面白い体験をしたのでご紹介したいと思う。
夜、寝しなに布団に入り、体を横にして目を瞑ると、何となくいつもと違う感覚がある。
あれ、これはもしかして、体脱くるか?・・・と期待したが、
体脱の際に起こる全身の小刻みな振動状態は待てど暮せどやって来ない。
そのうち、瞼の裏側に多数の蚊とんぼのような細かい光の点が無数に見え始める。
この光の点が規則正しく、上下左右に素早く動き続けている。
一つ一つの光の点が、若干大きくなり、なおも件の細かい動きを繰り返している。
これはいったい何なんだろう・・・と思っているうちに、意識が遠退いていってしまう。
気付けば、朝であった。
そのまま眠りに落ちてしまったようである。

体から抜け出た記憶も感触もないため、体脱ではないのだろうが、
だとしたら一体何だったのだろうか・・・
以前、ブルース・モーエンの著書に「フライング・ファジー・ゾーン」 というのが出てきたが、
あれについてモーエンも、訳の判らない現象として、その正体を明確に出来ていなかった
と記憶している。
今回の私の体験が、その 「フライング・ファジー・ゾーン」 と同じものではないだろうが、
訳の判らない体験、という点は同じである。
明らかに、意識が何処かに行って何かを見ているのだろうが、
それが何なのか、皆目判らない。

新しい体験、だったのだろうか。

この記事へのコメント

- MID - 2009年11月15日 21:19:23

jazzさん、こんばんは。

一週間程前、丁度jazzさんのブログに『無時間』を取り上げてた頃に、僕も似た物を見ました。

ただ目を瞑っただけで、宇宙空間と言うには星(白い光の点)が多すぎる程の、異空間にハマった様なビジョンを見ました。

光の点は、あらゆる方向へ縦横無尽に動き始め、スピードも自由に変え、中には弧を描いて進む物もありました。

近くにガイドの存在も無く、無音状態でした。

僕もjazzさんのブログの影響から『無時間』とは何かを考えたりしてたので、その影響で、この様なビジョンを見せられたのかと思ってました。

僕の解釈ですが
「無時間とは、光の束縛を解き放ち、光の動きすら自由」
を訴えているかの様に受け取りました。

でも今回のjazzさんのブログの書き込みが無ければ、僕もコメント出来なかった事と感じてます。

これもシンクロでしょうか。

- sola - 2009年11月15日 22:06:01

こんばんは!jazzさんm(__)m
私も開眼している状態で、白い光が目の前を通り過ぎたりします。
ただ、目の病気になっても似たような症状を訴えるそうですので 時々視野欠損がないか片目ずつ指を使って自分で確かめたりしています^^
エネルギーやガイドの存在だと言う人もいました。
日中空を見たときに見える孤を描く白い小さな光は プラーナだと言っていました。生命エネルギーだそうです。
jazzさんやMIDさんが見たものは 何かのエネルギーだったのかもしれませんね!

MIDさんへ - jazz - 2009年11月15日 22:11:42

MIDさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
シンクロしましたか・・・面白いですねぇ。
あの光の集団は、一体何だったのでしょうね。
私の記憶をたどってみると、過去にも似たようなものを一瞬だけ見たことがあるような気がします。
その時は確か、ヘミシンクを聴いている最中だったと思いますが、記憶が朧げなため定かでは
ありませんが。
MIDさんの解釈のように、何かのメッセージなのか、あるいは見たままの世界が存在するのか・・・
ちょっと興味がありますので、もう少し探索できるのならしてみようと思っています。

solaさんへ - jazz - 2009年11月15日 22:18:59

solaさん、コメントありがとうございます。
何かのエネルギー体、という解釈もありますねぇ・・・
ホント、何なんでしょう・・・
意図的に見ることが出来るものなのかどうか、今夜あたり試してみよう炉思います。

- taco - 2009年11月15日 22:33:43

フライング・ファジー・ゾーンに関してブルースモーエンさんの本で書かれていたのは
たしかF15辺りで地上に降りるタイミングを待つカールと呼ばれる意識の集まりだったと思いますよ。
私もF15辺りで何度か見ました。

tacoさんへ - jazz - 2009年11月15日 22:51:43

tacoさん、コメントありがとうございます。
すいません、私の記憶違いだったようですね。
何やら訳の判らない現象というような記述だったように思っていたのですが、
これは何か別の事柄ですかね・・・
あまり私の記憶力はよろしくないもので・・・

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。