スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにF12

久しぶりにF12をじっくりと聴き込んでみようと思う。
選んだのはFF12。
ナレーションに従い、F10からF12に知覚を拡大していく。
例によって、背後に流れる時えっと気流のような音に引きずられるようにして、
自分の意識を広げていく。
音に合わせて自分の頭が徐々に拡大していくイメージをすることで、
意識がどんどん大きく拡がっていく感じがする。
F12到着。
ナレーションに従い、フリーフローに突入する。
何でも思いのまま、自由自在、みたいなナレーションを聞きながら、
そういわれても困るな、とか思ってしまう。
思いのまま、と言うことは何でも出来る、と言うことであり、
逆に何をして良いのかはっきりしていないと、結果として何も起こらない。
そこで、自分のガイドを呼んでみようと思う。
F12でガイドとコンタクトをとることは(私の場合)あまりないので誰を呼ぼうか、とか思っていると
シンガスさんが来てくれた。
シンガスさんに、自分にとって重要なメッセージが欲しいとお願いすると、
何もない空間に朧気に何かが見えてくる。
よく見ると、何かの扉のようである。
なんの扉だろうか・・・と考えながら、しばらくぼんやりと扉を眺めている。
開けてその先に行けばいいのに、ただぼんやりといつまでも扉を眺めている。
そして、気付くと扉が見えてきた意味について考え始めている。
扉が見えてきた意味・・・扉の向こう側・・・
次のステップへ進む扉・・・
この扉を開けて先に進めば次のステップに進めると言うことか?
ならば扉を開けて先に進めば・・・
思いはあるのだが、何故か扉を開けようとしない自分がいる・・・
やがてナレーションが帰還を知らせる。
ナレーションに従いC1帰還。

扉が見えたことがメッセージ、と思いがちだがこの記事を書きながら、
先に踏み出さない自分がいる、と言うことがメッセージなんだ、と気がついた。
先に何があるかではなく、先に進まないことが今の自分にとって課題だと言うこと。
う~ん・・・さすがはガイド。
鋭いところを突いてくる。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。