スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体脱もどき

今、寝しなに体脱しかけた。
記憶が薄れないうちにと思い、慌てて起きてきて書き込んでいる。
身体を右をしたにして横に寝転んでいると、しばらくして例の振動が全身を襲う。
きたきたきた、と思い、振動が大きくなるのをそのまましばらく待っていると、
ジーン・・・という振動が次第にブルブル、バタバタと大きくなり始める。
ここで自らの意志を持って身体を上に持ち上げるように意識すると、
身体から意識体が抜け出しそうになる。
意識体の両足は明らかに10cmほど浮き上がっている。
肉体は目を瞑っているが、思い切って目を開けてみる。
すると、肉体の目は閉じたままの感覚で、意識体の目が開いたように感じる。
部屋の中が朧気に見える。
そのまま上半身も浮き上がらせて・・・と思うが思うように浮き上がっていかない。
そのうち振動が弱まり、そのまま意識体は肉体に戻ってしまった。
体脱未遂、といったところか。
これからまた寝るが、再度振動が来ると良いな、と思う。
お休みなさい。

この記事へのコメント

- みかん - 2010年01月18日 08:56:33

おはようございます!「パレットベース&アースコア」の件、お世話になりました。今後もアドバイスいただいたように、何度も行けるように訓練します♪
私の過去2度の「抜けた」体験では、自分の肉体確認は出来たことがありません。上昇スピードが視覚にリンクしないんです。気がつくと、浮かんでいて、場所が移動していて。いつも「帰れなくなる?このまま?」「どうしよう、落っこちる!」と不安になると、見えない手が、両手を力強くつかんで、引き戻してくれるんです・・・めったに無いですけれど。
【守ってくれている誰か】をそのたびに感じて、見えない世界の優しさをしみじみ覚えます。。。。非物質世界・LOVE♪って。。

みかんさんへ - jazz - 2010年01月18日 20:10:29

みかんさん、コメントありがとうございます。
体脱は、ヘミシンクによる変性意識状態とは全く違った感覚で面白いですね。
肉体から意識体が抜け出た瞬間のリアリティは圧倒的なものがあります。
肉体と意識体は本当に別物なんだ、ということを実感できますね。

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。