スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いが現実を創る?

子供の受験も無事終わり、お陰様で第一志望校に合格できた。
そのことで、非常に面白い体験をしたのでご紹介したいと思う。
私の子供は(私に似て?)あまり出来がよろしくない。
人としてはとても良いヤツで、友達も多く、そう言う意味では申し分ないのだが、
こと高校受験となると、それなりの学力というものが必要となる。
1学期、彼は平均を大きく下回る成績で、行ける高校が本当にあるのか、
親としては思い切り不安だった。
ところが、夏休みが始まる前に、彼の通う塾の先生からある言葉を聞き、
そこから今回のドラマが始まった。
塾の先生は、こう言った。
「どんなに成績の悪い子でも、夏から本気で頑張れば必ず志望校に合格する」
もちろん、これに付随していろいろと話はしてくれたが、要約すれば以上の通りである。
子供はこの話を真に受けて、夏期講習、夏期合宿で夏休みのほとんどを塾通いに費やし、
2学期に入ってからは土日も含む週7日、塾に通った。
その間、公開模擬試験を何回も受けるが、結果は一向に良くならない。
偏差値が50を超えることはなく、志望校にはとうてい届かない状況だった。
そう言う状態が長く続くと、子供も自信を失い始め、それが影響して偏差値は下がった。
それに伴い、子供の精神状態も怪しくなってきていた。
今まで勉強なんてほとんどしてこなかった子供が、いきなり勉強しまっくた所為で、
彼の心が拒絶反応を起こしつつある。
これはやばい。ノイローゼとかになったらどうしよう・・・自殺とかしちゃったら・・・
思考はネガティブに回転していく。負のスパイラルである。
そんなときである。
例によって塾の先生からある言葉を聞く。
「結果が出るのは冬以降。今はみんな辛いとき。そろそろ結果が出てくるから」
そして公開模試。
偏差値が少し上がる。
子供のやる気が戻ってくる。
その後、冬期講習、正月特訓。
年が明けて、公開模試。
偏差値が上がってくる。第一志望校も合格圏に入ってくる。
塾の先生の言ったことは正しかった!
子供のやる気に拍車がかかる。
最後の公開模試。
第一志望校が安全圏に入ってくる。
そのまま受験本番に突入。
2月10日、第一志望のM高校受験。
本人は緊張しまくって、あまり出来なかったと言っている。
合格発表は翌日11日だが、11日はK高校の受験が入っている。
子供がK高校に受験に行っている間に、親がM高校の合格発表を見に行く。
めちゃめちゃ緊張する。
子供の受験番号は・・・あった! 合格! やったぁ!
妻と諸手を挙げて狂喜乱舞する。
子供にM高校の合格を知らせてやりたいが、K高校の受験真っ最中である。
K高校は午前中に試験、午後には合格発表となるため、
M高校の発表を見た足で、K高校に向かう。
発表は午後3時からということで、親はK高校の最寄りのファミレスで待機する。
子供が発表を見に行って、戻ってくる。
「どうだった?」
「受かってた。それだけじゃなくて3年間授業料免除だって」
「・・・?・・・、え?・・・」
「試験の成績が良かったんだって。だから授業料は3年間タダで良いんだって」
「・・・?・・・、え?・・・」
何だかよく分からないが、子供の試験成績がことのほか良かったのだそうである。
それで奨学生に抜擢された、と言うことらしい。
私と妻はファミレスの天井を突き破る勢いで飛び上がって驚いた。
うちの子が奨学生・・・?
1学期には、入れる高校すら無いのではないかと心配していた子供が、である。
塾の先生に言われた言葉を真に受けて、半年間頑張っちゃったら、奨学生。
うちの子供は、ことのほか素直なところがあり、人から言われたことを莫迦正直に受け止める。
ある意味、騙されやすいとも言えるが、今回はその性格のお陰で
志望校に合格できたようなものである。
「俺はやれば出来るんだ!」
と、事あるごとに叫んでいた子供の姿を思い出す。
あれは高校合格に導くアファメーションだったのだろう。
子供のアファメーションに、宇宙が反応したと言うことなのだろうか。
何はともあれ、結果は最高にハッピーである。
信じたことで結果を大きく変えた実例が、私のすぐ身近に存在したのだ。
不適切な言い方かもしれないが、面白い。
子供にとっても、思いが未来を創ると言うことを身を以て体験出来た半年だった。
きっとこれからの彼の人生に、少なからず影響を与えていくことだろう。

この記事へのコメント

おめでとうございます! - みかん - 2010年02月14日 06:59:50

無事に第一志望にご子息合格!よかったです!おめでとうございます♥
引き寄せましたね!間違いなく!!ご子息の「絶対受かるんだ!大丈夫!」という思いとjazzさまご一家全員の願いが、届いたに違いありません!! 私まで、嬉しいです☆
元気を頂きました。

合格おめでとうございます - オータ - 2010年02月14日 13:36:50

息子さんの合格、おめでとうございます!! うちの娘も、Jazzさんと同じ日に受験、同じく翌日に発表。おかげさまで合格でした。が……第一志望校の受験はまだこれからなのです……。本人は飄々として、昨日は、親子でレッドカーペットを見て笑い転げていましたが。いずれにしましても、おめでとうございます。

- 波月 - 2010年02月14日 13:48:31

おめでとうございます!
夏から休まずにがんばった息子さんも塾の先生も言葉のタイミングもすごいですね~。
試験の成績で奨学生になるってこともあるんですね。私には無縁のシステムなので(笑)よく知りませんでしたが。
あきらめない事と前向きに。
成功の事例を聞くと本当に励みになります。ありがとうございました!

おめでとうございます - sinra - 2010年02月14日 14:13:10

本当に良かったです。
奨学生だなんて、すごいです♪
お子様の頑張り、とても素晴らしいですし、サポートをされた
ご家族のお力もありますね。

授業料免除だなんて親の方も助かりますよね。
(我が家のような経済状態ではないでしょうが・・)
本当におめでとうございます。
とても、嬉しいです。

あとはjazzさんの体調が万全になられる事を願っております。

- マカロン - 2010年02月15日 00:27:31

第一志望校合格  おめでとうございます!
息子さん、やりましたね!凄いです!
ご両親も安堵されていることでしょうね。
宣言して、信じて突き進むというのは
本当に力が湧くのですね。
勉強になり、元気をもらいました。

みかんさんへ - jazz - 2010年02月15日 05:54:30

みかんさん、おはようございます。
信じる、ということがどれほどの力を与えてくれるのか、
今回の体験は子供にとって貴重な学びになったと思います。
やはり私たちが生きているこの現実というのは、私たちの思いが創っているんですね。

オータさんへ - jazz - 2010年02月15日 05:57:08

オータさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
オータさんのご子息は、公立高校が第一志望なのですね。
第一志望でなくても、先に合格している高校があれば、
精神的にはかなり楽ですね。
あと一息、頑張ってくださいね。

波月さんへ - jazz - 2010年02月15日 06:02:00

波月さん、おはようございます。
ありがとうございます。
受験の際の成績が一定基準を上回っていたとかで、授業料免除とのことです。
私も、そう言うシステムとは無縁のところで生きてきたので、最初は何が何だか
分かりませんでした。
そんな子供ですが、今は毎日、朝から晩までゲーム三昧です。
まあ、今まで我慢してきたので、それも良いかな、と思っています。

sinraさんへ - jazz - 2010年02月15日 06:08:03

sinraさん、おはようございます。
何とか無事、受験も終わりました。
授業料免除の件ですが、授業料が免除される高校は第二志望で、
子供と話し合った結果、やはり第一志望校に行きたいとのこと。
授業料免除の高校は(親としては泣く泣く)辞退させていただきました。
でも、子供が行きたい高校に行くのが一番だと思いますので、
経済面のことだけで子供の進路を決めることはしないことにしました。
という訳で、3年間授業料は払うことになりました。。。
何年か、何十年か経ったときに、この選択が正しかったね、となることを信じてます。

私も同じ選択をします♪ - sinra - 2010年02月15日 11:52:43

腰痛の方、少しましになられたようで嬉しいです。
引き続き、朝の瞑想で光を贈ります。
本当に一日も早く完全復帰されますように!

我が家は高校から奨学金を受けるような経済状況の家庭ですが
やはり、第一志望校への進学を薦めると思います。

私もその選択は正しいと信じています。

- sola - 2010年02月15日 14:38:49

おはようございます!jazzさんm(__)m
わぁ~合格おめでとうございます
息子さんもjazzさんもすごいですね(^O^)/ 苦しい時も頑張った結果ですね!
「心臓から口が出てきそうです」と、あの冷静な!jazzさんがコメントに書かれていたので 私も心臓から口が出て来そうな気持ちになりましたf^_^;
あの緊張は自分の事より何百倍も大きく感じたものですから、jazzさんの緊張も喜びも自分の事のようです…
きっとこれから将来息子さんが壁にぶつかりそうになった時、これまでのjazzさんや奥様の愛と、物事を自分の努力で乗り越える力を知った今回の経験が、恐れず怯まず目的に向かってひたすら前進していく糧になるのでしょうね(^-^)
春ももうすぐ!息子さんにとって楽しく実りある高校生活である事を祈ってます。。。

sinraさんへ - jazz - 2010年02月16日 04:39:23

sinraさん、おはようございます。
我が家も家計は火の車。奨学金を受けたいのは山々です。
でも、子供の一生の問題なので、子供の意思を尊重しようと思いました。
今この場で正しいと信じてやったことが、将来どうなるかは神のみぞ知る、ですかね。
まあ、宇宙は私たちの思いに反応していると言うことなので、悪い結果にはならないでしょう。

solaさんへ - jazz - 2010年02月16日 04:43:17

solaさん、おはようございます。
いろいろとご心配をおかけしましたが、漸く一段落、といった感じです。
実際はこれで終わりではなく、これから(高校生活が)始まる訳で、
むしろこれから気を引き締めていくべきなのでしょうが、
何はさておき、息抜きは必要でしょう。
子供と一緒に弛緩している、ダメダメな親・・・です。

奨学金の種類が違いますね♪ - sinra - 2010年02月17日 08:30:49

我が家が受ける奨学金は・・・貸与なんですよ。
免除して頂けるほど学力優秀ではなくて・・・あはは

高校から貸与してもらって、本人に返済を任せています。

合格おめでとうございます♪ - JUNO - 2010年02月17日 20:26:22

こんばんは。
読んでいてなぜか感動しました。。。。jazzさんの親心もひしひしと伝わってきました。
男の子らしい経緯だな、とも思いましたね~。
女の子はやはり日ごろからコツコツの部分がないとなかなかビョ~ンとはアップしませんね~^_^;
jazzさんがときどき、息子さんのことも記事にされていましたから、
「合格」と知ると、こちらまでがほんとに嬉しい気分になれます。
さて、今年はウチの娘の進路が心配です。
でも、jazzさんのように子供を信じてあげようと思いました。

sinraさんへ - jazz - 2010年02月19日 07:00:09

sinraさん、おはようございます。
いやいやいやいや、うちも出来ればお借りしたいくらいです。
子供には、本当にお金がかかる・・・そう思います。
まあでも、子供が生まれてから今日に至るまで、私に与えてくれた愛と幸福感を思えば、この位の出費は当然かな、とも思います。
子供がこの先、どのような人生を送っていくのか楽しみです。

JUNOさんへ - jazz - 2010年02月19日 07:02:47

JUNOさん、おはようございます。
漸く高校が決まり、毎日勉強をしていた時間がすべて、
ゲームの時間になりました。
まあ今までのがんばりを思えば、それも良いかな、とか思ってしまう、
甘アマな父親です。

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。