スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月11日 #1「イントロ・フォーカス10」

朝、ケーブルカー・ライド(メタミュージック)がチェックユニット内のスピーカーから
聞こえてくる(枕元の両側にスピーカーがあるのだ)
このメタミュージックは目覚めをよくするヘミシンク音が入っているそうだが、
やたらと忙しない。
まあ、目を覚ますのには丁度良いのかもしれないが。
朝食前にモンロー研の周りを散歩する。
まずは水晶だろう。

4月11日朝の水晶

朝日を浴びた水晶は、何とも言えず神々しい。
朝露に足元を濡らしながら30分ほど付近を散策する。
透明な空気が体中に染み渡り、全身が透き通っていくようである。
この時間、希望者は朝のヨガコースを受けている。
私も受けようと思ったが、目が覚めて窓の外を見たらあまりの天気の良さに
思わずカメラを持って外に出てきてしまったのだ。

朝の高原(牛もいるよ)

付近の牧場には牛がいて、鳴き声が聞こえてくる。
散策を終え、朝食を済ませると、いよいよセミナーの開始である。
最初のセッションは・・・

#1 イントロ・フォーカス10
まず、前日夜のレゾナント・チューニングの感想を聞かれる。
感想と言われても、前日も含めレゾナント・チューニングの最中に何らかのイメージが
見えたことは無い(少なくとも記憶にはない)ため、何も答えようがない。
状況は他の方も大同小異で、たいした感想は出なかった。
渡米の疲れが出て、そのまま寝てしまった方も多かったのだろうと思う。
そしていよいよ本編の開始である。
まずは坂本さんと今回の現地トレーナー、ジョン・コータムから、F10について
簡単なレクチャーを受ける。
これについては、何時も散々聴いている「肉体は寝ており意識が覚醒している」という
説明以上でも以下でもなかった。
セッションに入る前に、セミナー初参加の方(2名)のために、みんなで手を繋いで
輪になり、レゾナント・チューニングの練習をする。
腹から息を吸い込み、思い切り声を絞り出す。
何時もと様子が違う。
声を出しているうちに、下半身が妙に重く感じてくる。
重い、というよりも痛いという感覚に近いかもしれない。
大きく息を吸い声を出す、を3度ほど繰り返す。
尾てい骨辺りから膝の上辺りまでの全体が重くだるい。
声を出し終わると、痛みも自然と消えていく。
これはいったい何だったのだろう・・・?
その後、自分のチェックユニットに戻り、ヘッドホンを装着する。
準備が整ったところで、セッション開始である。
メタミュージックからイントロF10に音声が切り替わる。
そしてエネルギー変換箱に雑念をしまった後、レゾナント・チューニングが始まる。
例によって、あ~~ぁ・・・と声を出す。
すると突然、目の前にモノクロの映像が浮かんでくる。
まるでハイヴィジョン放送を見ているかと思うくらい、はっきりとした映像である。
そこには、目が見える。
瞳の部分だけが、最初は見えたが、そのうち目の全体像、続いて顔の輪郭と、
徐々にその全体像が見えてくる。
東洋系の(というより、日本人のように見えるが)若い女性の顔である。
じっとこちらを見ている・・・というより、睨んでいる。
悪意を感じる鋭い目つきで私のことを見ている。
レゾナント・チューニングの声を止めると、顔もスッと消える。
息を吸い、再び声を出すと、また同じ女性の顔。
悪意の眼差しでこちらを睨んでいる。
まるでホラー映画の幽霊のようである。
だが、声を出し終わるとイメージも消える。
レゾナント・チューニング中、これを繰り返す。
何なんだろう・・・?
そんなことを思いつつ、徐々にクリックアウト。
その後、何回か途中で意識が戻るが、特に何も見えてこなかった。
そのままセッション終了。
セッション後の体験シェア(デブリーフィング)でこのことを話すと、
トレーナーのジョンの顔が妙に真剣に感じる。
そしてジョンから、何か悪意を感じるような場合には、しっかりとリーボールを
作ることで防ぐことが出来る、とのアドバイスを貰う。

マゼラン効果
セッション後のデブリーフィングで、私も含めクリックアウトしてしまう、という人が
散見された。
トレーナーのジョンから、マゼラン効果の話があった。
昔、南米に初めて巨大な船が来たとき、南米の人々にはこの巨大な船が見えなかった。
目の前に来ているにも関わらず、である。
それは、この船の大きさが、彼らの船の常識(既成概念)の範囲を遙かに超えていたため
存在を認識できなかったためだと言われている。
だから、ヘミシンク中に自分の既成概念に無いようなものが見えたとしても、
映像化できない、ということが起きる。結果、何も見えない、記憶に残らない・・・
これがクリックアウトの理由とのことだ。
UFOが見えないのも、これと同じ理由らしい。
私にとっては非常に腑に落ちる説明であった。

この記事へのコメント

貴重なレポですね! - リオ - 2010年04月19日 00:47:30

こんばんは、モンロー研お疲れさまでした。
早速のレポのご投稿、大変ありがたく読ませてもらってます。
写真もキレイで、まるで自分もモンロー研に行ったような気にさせられます。

なかなかここまで詳細なモンロー研のレポはないと思うので、
「いつかはモンロー研」と考えている日本のヘミシンクファンにとって
大変貴重な情報になると思います。ありがとうございます。

- プチ公 - 2010年04月19日 01:44:53

こんばんは!ご自身の記事を書くのも大変なのに、こちらのブログへも来ていただいてありがとうございます~~^^
写真から伝わるすがすがしい空気に、思わず画面の前で深呼吸してました(笑)素晴らしいところですね~~!!
これからのレポ楽しみです♪

- リツノスケ。 - 2010年04月19日 01:44:56

jazzさん、こんばんは!
わたしもリオさんと同意見です。
ここまで詳細にモンロー研について書いてくださっているブログはありません。
だから非常にありがたいです。
わたしも参加したような気分です。

リオさんへ - jazz - 2010年04月19日 05:36:24

リオさん、おはようございます。
いつかはモンロー研、と思っている方のためにご参考しなれば幸いです。
やはり一度はモンロー研・・・
と思っている方は多いのではないかな、と思いますが、
私を含め、今回の参加者の多くもそういう思いで集まってきたようです。
そこは別世界・・・と言わざるを得ないくらい、素晴らしいところですよ♪
少しずつですがお伝えしていきますので、お楽しみに。

プチ公さんへ - jazz - 2010年04月19日 05:41:49

プチ公さん、おはようございます。
なかなか言葉だけでは伝えきれないことも多いと思い、なるべく写真をアップ
していきたいと思います。
少しは雰囲気とか、伝わっていますか?
体験談も徐々にアップさせて頂きます。
気長におつきあい頂ければ嬉しいです。よろしくです♪

リツノスケ。さんへ - jazz - 2010年04月19日 05:45:20

リツノスケ。さん、おはようございます。
参加したような気分になって頂けると、私も書いていて嬉しい限りです。
単なる体験以外にも、いろいろびっくり体験がありましたよぉ♪
それらも併せて、アップしていきますね。

- くえすと - 2010年04月19日 13:41:29

jazzさん。
長旅、お疲れ様でした。
モンロー研の風景写真、とても美しいですね。
憧れます!!
今後の報告、期待して読ませていただきます。
有難うございました。

水晶の写真 - Ray - 2010年04月19日 20:41:31

jazzさん,こんばんは,Rayです.
水晶の写真をパソコンのデスクトップの背景にさせて頂きました.いい感じですよ~.さて,悪意のまなざしでjazzさんを見つめていた女性がいたと書かれていましたが,ちょっと意外な感じでした.モンロー研は結界のようなものを張っているのではないかと考えていたもので.それとも結界のようなものはないのでしょうか?Rayでした.

くえすとさんへ - jazz - 2010年04月20日 06:43:58

くえすとさん、おはようございます。
モンロー研のあるヴァージニア州は、本当に美しいところです。
・・・といっても、モンロー研付近しか知らないんですが(笑)
写真も少しずつアップしますので、お楽しみに。

Rayさんへ - jazz - 2010年04月20日 06:48:41

Rayさん、おはようございます。
水晶の写真を壁紙にされたとのこと、良いですねぇ・・・
私もそうしようかな・・・どんどんお使いくださいね。
また、モンロー研では特に結界のようなものは張ってないようです。
ナンシー・ペン・センターの1室には、夜な夜な怪しげな非物質生命体(幽霊?)
が出るようだし、逆にいろいろ集まって来るみたいですよ。
まあ、リーボールとエナジー・バーツールがあれば怖いこともないし、
そう言う生命体との接触も、ある意味貴重な体験かもしれないですね。

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。