4月11日 #3「エナジー・バーツール」

リーボール・セッションの後、ランチをとり、長い昼休みに入る。
日によって多少違うが、昼の休みは結構長い。
2時間~3時間はゆっくりと休憩となる。
今日はこの昼休みの時間を利用して、みんなで近くのレイク・ミラノンまで行くことにする。
モンロー研からのどかな田舎道を歩くこと約20分。
牧場の牛や、輝くばかりの新緑の草原を堪能しながらの散歩は、なんとも言えない。

レイク・ミラノンの昼下がり

レイク・ミラノンは写真のとおりの小さな湖で、山の中にひっそりと横たわっている。
今日は日曜日と言うこともあり、近所の家族が数人、ピクニックや釣りに興じている以外、
誰もいない。静かである。
水着があれば泳げるとのことだが、流石に用意してきている人はいなかった。
後で聴いたことだが、ここではブラックバスとかが釣れるらしい。
しばらくここでのんびりと時間を過ごす。
何人かの人はボートで湖面に漕ぎ出たり、また何人かの人は周辺を散策したり・・・
およそセミナーに来ていることを忘れそうになるくらい、ゆったりとした刻を過ごす。
大自然を十二分に堪能した私たちは、再びモンロー研に戻る。
いよいよ午後のセッション開始である。

#3 エナジー・バーツール
エネルギー変換箱、レゾナントチューニング、リーボール、アファメーションと並び、
強力かつ有効なメンタルツールであるエナジー・バーツールを創るセッションである。
だが、時差ぼけと、午後のレイク・ミラノン行がたたり、完全にクリックアウト。
坂本さんの「ワン、ワン、シーワン・・・」の声で意識を取り戻す。
当然、デブリーフィングでも何もシェア出来なかった。

(つづく)

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード