4月11日 #5「ドルフィン・エナジー・ヒーリング」

夕食の後、場所をデビッド・フランシス・ホールに移し、夜のセッション。
日に1回は必ずここデビッド・フランシス・ホールでのセッションがあるとのこと。
建物はナンシー・ペン・センターの隣のため移動に苦はない。
WAVEシリーズのCDにも入っているが、モンロー研ではイルカを使ったヒーリングを行う。
これは、エナジー・バーツールをイルカに変形させ、そのイルカでヒーリングするというもの。
エナジー・バーツールをイルカに変えるメリットとしては、
イルカはそれ自身で意志を持っているため、癒したい対象をイメージし
イルカを放つだけで、あとはイルカが勝手にやってくれる。
手間が無くてしかも効果的。

#5 ドルフィン・エナジー・ヒーリング
ヒーリング効果のあるヘミシンク音の入ったCDでF10に行き、イルカを創る。
・・・が、前回のエナジー・バーツールのセッションは寝てしまった。
おまけに私はこのエナジー・バーツールが苦手で、普段もほとんど使ったことがない。
何とか頑張って、イルカをイメージしようとするが、なかなか上手くいかない。
そこへ持ってきて、自分の身体を生体マップに見立ててそれをイルカに癒させるという。
完全にお手上げだ。生体マップも今ひとつ苦手なセッションなのだ。
案の定、クリックアウト。
そもそも最初から苦手意識を持ってセッションに臨んだのも良くなかった。
そう言う意味では「期待通り」のセッション結果だったわけだ。

(つづく)

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード