スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月12日 #1「イントロ・フォーカス12」

今朝は真面目にヨガのコースに参加してみる。
ヨガは初体験であるため、少しだけ期待しつつ会場に行く。
既に参加者たち(10人ほどだろうか)が来ており、先生の話を聞いている。
私も急いで準備をし、先生の話を聞く。
その後、ヨガ本番である。
が、これがきつい。ほとんどストレッチ体操かと思われるし、後半は筋トレ状態である。
これはイメージと大分違うぞ・・・
そう思いつつも、なんとかメニューをこなし朝食会場へ移動。
既に坂本さんはじめ数人が食事をしている。
聞けば、昨日のヨガに出て、きついのでもう出ないことにした人たちのようである。
私も明日から、この人たちの仲間入りだな、とか思いつつ朝食を取る。
朝食の後、いよいよセッションの開始である。

#1 イントロ・フォーカス12
昨日はほぼまる1日、F10を探索したが、今日はF12に移る。
最初のセッションでは、イントロ・フォーカス12を聴き、F10とF12の違いを体験する。
CDの流れは準備の後、F10に移動、その後F12に行き、F12を感じた後、F10に戻る。
そして再びF12に移動、その後F10経由でC1に戻ってくるというもの。
この流れ自体はWAVEシリーズのCDと同じだが、使うCDはボブのナレーション(英語)に
日本語訳をかぶせたバージョン。
レゾナントチューニングのうなり声などがWAVEシリーズとは異なっている。
以下、私の体験である。
F10 → F12 意識が拡がっていく感覚。脳の中心がどんどん膨張していく感じ?
F12 → F10 拡がっていた意識(脳)がシュリンクしていき、一つに小さくまとまっていく感覚。
F10 → F12 先ほどと同じく、脳の中心が大きくふくらんでいく感覚。視覚も拡がる。
この辺の感覚は、日本で聴いているときと基本的に変わらない。
そう言う意味ではF10やF12の感覚は、しっかりと把握できていると言うことか。

セッション後のデブリーフィングで、感じ方にかなり差があることが分かった。
私のように拡がっていく感覚を持つ人もいれば、崖から落ちていくような感覚を持つ人もいる。
やはり非物質界の感じ方は千差万別なんだと言うことを、改めて感じる。
また、2日目ではあるが、未だに体験らしい体験が出来ていない人もいた。
時差ぼけの影響なのだろうか、理由は分からないが、早く何か体験出来ることを祈る。
引き続き、今日2つめのセッションに突入。

(つづく)

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。