4月13日 #1「イントロ・フォーカス15」

モンロー研での滞在4日目に突入した。
身体もこちらの状況に大分馴染みはじめており、心身ともにリラックスした状態である。
もう朝のヨガ・コースはパスである。
三日坊主ならぬ、一日坊主となってしまった。
みんながヨガっている間に、私は例によってカメラを片手に外に出る。
毎日同じ場所で同じ風景を撮っているのだが、日によって微妙に表情が違う。
ああ、やっぱり地球も生きているんだな、と今更ながら感じている次第である。

朝のモンロー研
↑朝日が昇りはじめた草原。中央がナンシー・ペン・センター、左がデビッド・フランシス・ホール。

朝のナンシー・ペン・センター
↑朝のナンシー・ペン・センター。朝日を浴びてとても凛々しくみえる。

例によって、水晶の写真もいっぱい撮ったが、ここに載せると「またかよ!」とか思われそうなので
やめておく。
とにかくここは、気が良い。ある意味、途轍もないパワースポットなのかもしれない。
朝食を取る(朝はいつものようにパン、卵料理、ベーコン、ジュース程度である)
この時間、ヨガ組はまだヨガから戻ってきていないため、食堂にはヨガに参加していない数人と
坂本さんだけである。
お陰で毎朝、坂本さんと同じテーブルで朝食が取れる。
世間話などをしながら、楽しく食事をしていると、ヨガ組が合流してくる。
毎朝こんな感じである。
朝食を済ませると、いよいよセッションの開始だ。

#1 イントロ・フォーカス15
一昨日は一日中F10を、昨日はF12を、そして今日はF15である。
ほぼ一日一つのフォーカスレベルを集中的に体験する形である。
セッションの内容は、初めてのF15、ということで、
何の説明もなくまずはF15を体験するというもの。
日本でのF15日帰りセミナーでもそうだったと記憶しているが、
F15をはじめて聴くときは、まずは何の先入観も持たず、取り敢えず聴いてみると言うことだ。
そして、感じたことをシェアしながら、F15の説明をしていく。
もちろん私はF15は初めてではないが、今回初めてF15を聴くという人も何人かおり、
その人のために、まずは何の解説もなしでセッションを始める。
チェックユニットに入りヘッドホンを装着。
楽な姿勢で横になり、セッションの開始を待つ。
このセッションは準備の後F12に移動、F15に行きF15を体験し、いったんF12に戻る。
再びF15に行きもう一度F15を体験し、F12経由でC1に帰還する。
F12とF15を往ったり来たりすることで、それぞれのフォーカスレベルの違いを感じるというもの。
今回は私も初心に返り、純粋にF15を感じてみたいと思う。
最初にF15に移動したときは、半分クリックアウトしたような感覚になり記憶がない。
いったんF12に戻り、再びF15に移動。
何もない空間が拡がっている。暗いが奥行きはそれなりに感じる。
やがて、木の床のようなものが見えてくる。
ギシギシと音をたてて軋むような感じ。実際に音は聞こえないが、そんなような感じがする。
床から顔を上げると、窓が見える。
その窓から、明るい日差しが差し込んでくる。とても美しい。
その後、ナレーションに従いF12に戻り、C1帰還。
セッションの間中、ボンヤリと考えていたことは、F15はヘミシンク音が耳につく、と言うこと。
どうでも良いことだが、そんなことを頭の何処かで考えていたように思う。

(つづく)

この記事へのコメント

- - 2010年04月22日 17:24:21

はじめまして。
ダウンロードしていただいた音声ファイルを、ただ、かけ続けていただくだけで、あらゆる病気が改善したり、いい事が、次々起る体験ができる「最強のパワースポット」となる、夢のようなサイトを立ち上げさせていただきました。もちろん、無料です。是非体験していただき、また一人でも多くの方に、奇跡を体験して、幸せになっていただけるように、このサイトをご紹介いただけましたら、幸いです。

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード