リリース&リチャージ

久しぶりに、リリース&リチャージを聴く。
このセッションをちゃんと聴くのは本当に久しぶりである。
ヘミシンクを始めてから、数えるほどしか聴いていないセッションの一つである。
モンロー研のプログラムの中に、このリリース&リチャージがあったが、
このセッションに対する自分の苦手意識が強かった所為か、きれいに寝落ちした。
このセッションは、エネルギー変換箱にしまい込んだ、自分の邪念雑念の類を再び取り出し
それを解放してやる、というものだが、
なぜしまい込んだ邪念雑念を再び取り出さねばならないのか理解できなかった。
嫌なもの、見たくないもの、思い出したくないものをしまい込んだのに、
再び蓋を開けて取り出すなどと言うことは、私に言わせれば愚行である。
こんなことをしたら、折角しまい込んだ意味がないではないか・・・
と、ずっと思っていたため、このセッションは最初の頃に一二度聴いたきり、
ほとんど聴くことなく今日に至っている。
では何故、再び聴く気になったのか?
モンロー研から戻り、いろいろと体験してきた事柄や自分自身の思いなどを整理しているうちに、
やはり自分の中にあるそういうネガティブな思いや感情を
ただしまい込んでおくだけではいかんな、と思い始めたのである。
もう一度、そう言う思いに向き合い、しっかりとクリアしていく方が
自分にとって良いことなのではないか、と感じ始めたのだ。
と言う訳で、本当に久しぶりだがリリース&リチャージを聴いた。
このセッションは、エネルギー変換箱の中にある恐怖心を取り出し、それを解き放つ。
そうすると、変換箱の中に、恐怖心に関する感情が残っているので、
これも取り出し解き放つ。
そしてそれらに関連する記憶をクリアにする、と言うプロセスを3回繰り返す。
今回は、エネルギー変換箱が自分の心に繋がっている、とイメージし、
その中の恐怖心(=自分の心の中の恐怖心)を取り出し解放する、という方法をとった。
この方法は、モンロー研で坂本さんが教えてくれたもので、
箱にしまい込んだものを解き放つのではなく、自分自身の心の奥底の恐怖心を解き放つ、
というプロセスにする方が効果的、とのこと。至極腑に落ちる説明だ。
自分の胸の上に箱が置いてあるところをイメージする。
この箱の底面は自分の心に繋がっている、とイメージする。
そして箱の蓋を開ける。
中には黒くて艶のある、ゼリー状の物体が蠢いている。
何となく嫌な感じのする、異様な物体である。
ナレーションに従い、これを取り出す。
ただし、手を突っ込んで取り出すのはちょっと気が引けるので、
黒いぷるんぷるんした物体が自然と宙に浮かび上がるイメージをする。
黒い物体がゆっくりと浮かび上がる。
そのままどんどん高く浮かんでいくところをイメージする。
そして空中2メートルほどまで浮き上がった段階で、
細かい泡状になり消えていくところをイメージする。
いま解放した恐怖心がなんの恐怖心なのかは、分からない。
何だか分からないが、それは問題ではないらしい。
とにかく恐怖心、と言う漠としたものを解放することで良いのだそうだ。
次に、今解放した恐怖心に関する感情の解放である。
箱の中に意識を向けると、形は分からないが何となく嫌な感じのするものがある気がする。
なんというか、うまく表現できないが、重たい不快感とでも言うのだろうか、
そんな感じのするものが、底にある。
それを取り出し(勿論、手を突っ込んだりはせず自然と浮き上がるイメージで)解放する。
この、恐怖心の解放、感情の解放のプロセスを3回繰り返す。
自分がやっていることが、実際には何について解放しているのかは全く分からないが、
自分の中の恐怖心や、それに関連する感情が解き放たれて行っていると信じることにする。
その後、ナレーションに従いC1帰還。

終わってみて、何かが変わった、という感じは特にない。
だが、これを繰り返していくことで、何かが変わるのかもしれないな、と思っている自分がいる。
以前は大嫌いで、聴くことすら避けていたセッションである。
そう言う意味では大進歩と言えるかもしれない。

この記事へのコメント

- みかん - 2010年05月02日 08:56:25

おはようございます。
私も苦手でした。たまにはやった方が良いと「ヘミ仲間」のくえすと先輩からアドバイスされながらもおろそかにしがちです。。
気分的にすぐに効果は感じられなくても「嫌だと思っている自分自身と正面から向き合う」行為を促す効果は、てきめんですよね・・・苦手なものをも許して包み込めるように「愛情深く、そして強くなれ。」・・そういうことか・・と、このエクササイズの主旨を勝手に理解している私(苦笑)です..

みかんさんへ - jazz - 2010年05月02日 13:17:43

みかんさん、こんにちは。
リリース&リチャージが苦手な人って、多いみたいですね。
でも、ボブ(モンロー)は大好きで、頻繁に聴いていたそうです。
坂本さんもよく聴いているみたいですので、やはり好き嫌いせず聴こうかな、と。
目に見えた変化がなくても、きっと何らかの変化は起きているでしょうから、
これからは時々、聴いていこうかと思います。

- きらく - 2010年05月02日 22:48:49

私もはじめてやったときにはかなり抵抗がありました。

でもあるときこのエクササイズの後で,C1で大きな変化がありました。
もちろんつながりがあるというのは直観で,普通に見ると因果関係は
なさそうな出来事でした。でも,わかったんです。リリースした結果だと。

それから時々ではありますが,思い立ったときにすると,いろいろと
身の回りが変化してきて,大変面白く感じられるようになってきました。

今夜もついさっきやりましたが,体が軽くなり,そのまま体脱状態に
なりそうな雰囲気さえありました。

リリースって自分自身のレトリーバルにつながっているようにも感じます。

P.S. 箱が自分の心につながっていると思う,というテクニック
ありがとうございます。使わせていただきます。

やってみました! - Ray - 2010年05月03日 09:23:59

jazzさん,こんにちは,Rayです.
昨日からリリース&リチャージという言葉を何度も目にするので,昨日の夜,おそるおそるリリース&リチャージを行ってみました.ゲートウェイのこのCDを聞くのは本当に久しぶりです.そして,このCDを聞いていて,僕は対人恐怖を抱えているということが分かりました.ちょっとびっくりしています.意外な結果だったもので.FF15も聞いているので,これに関係したことを探っていこうと思います.Rayでした.

きらくさんへ - jazz - 2010年05月03日 16:32:03

きらくさん、こんにちは。

>リリースって自分自身のレトリーバルにつながっているようにも感じます。
その通りかもしれないですね。
結局のところ、いろいろな手段を講じつつ、自分自身の囚われている部分を
解放することで、最終的にI/thereに統合されてゆくのかもしれないですね。

Rayさんへ - jazz - 2010年05月03日 16:37:01

Rayさん、こんにちは。
リリース&リチャージで解放する恐怖心が、自分でも予期しないものだったり、
自分では覚えのないものだったりすることも多いようですね。
でも、その時にそれが箱から浮かび上がってくるということは、いまの自分にとって
それを解放することが必要なんでしょうね。
これを機に、私も時々、リリース&リチャージを聴こうと思います。

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード