到着までのあれこれ

これから、9月18日~9月23日に行われたモンロー研日本人対象セミナー、
ライフラインの参加記録を少しずつご紹介して行こうと思う。
まずは、会場に着くまでのすったもんだを少々・・・

出発前に、ネットで高速道路の渋滞予測を確認する。
中央道下り、相模湖付近を先頭に約40kmの渋滞!
それも朝の7時前から夕方までほぼコンスタントに渋滞が続くとの予測。
さすがは連休初日である。これは早く家を出なくては・・・
そう思い、朝6時前に家を出る。
が、調布のICを入ったところから既に渋滞している。恐るべし連休パワー!
仕方がないので渋滞に乗っかりゆっくりと現地に向かう。
が、思ったよりも早く渋滞は解消し、その後はスムーズに流れ始める。
おかげで時間よりもだいぶ早く到着したため、白州蒸留所にて時間をつぶす。
白州蒸留所はサントリーが持つウイスキーの蒸留所で、南アルプスの麓にある。
あの「南アルプス天然水」の採水もここで行われている。
森の中に多くの貯蔵庫と蒸留施設があり、休憩場所や喫茶店などもある。
車で行っているので、さすがにアルコールは口に出来ないので、
森の中の喫茶店で森林浴をしながらコーヒーを味わいつつ時間を潰す。
なんとも気分がいい。
ずっと此処で木々の発するオゾンを浴びていたい、そんな衝動に駆られる。
やはり森の中はいいな・・・

hiroshiさんから電話が入る。
もう小淵沢に着いたとのこと。
hiroshiさんは奥さんのwakaさんと三重県から夫婦参加である。
彼らとは4月のヴァージニア(モンロー研)でも一緒だった。
私も小淵沢に向おう。これから鰻を食べるのだ。
今日から6日間、野菜オンリーの生活に入るため、その前にたっぷりと堪能して
おこうという嗜好である。
小淵沢には結構有名な鰻屋がある。
食べログでの評価も高く、昼時には並ばないと食べられないらしい。

鰻屋に着くと、二人が先に順番をとってくれており、すぐに店内に入れた。
私は蒲焼きと白焼きの両方が楽しめるメニューを注文する。
結構待たされ、空腹が頂点に達した丁度その頃、料理が到着する。
正直、美味い。相当に美味い。本当に美味い。
大満足である。
これで心置きなく野菜オンリーの6日間に突入できそうだ。

鰻を食べ終わったが、集合時間まではまだ早い。
hiroshiさんとwakaさんは、おやつを買いにコンビニに行くとか言っている。
二人と別れ、少し早いがもうセミナー会場に行ってしまおうと思う。
車を駐車場から出し、会場に向かう。
途中、ある看板に目が止まる。

キース・へリング美術館・・・

実は私はアメリカ現代アートが大好きである。
ウォーホル、ジャスパー・ジョーンズ、ホックニーなど、好きな作家は多い。
キース・へリングもお気に入りの作家である。
これは寄り道するしかない。
というわけで寄り道決定。

とまあ、こんなことをあれこれしていたため、
結局会場に着いたのは集合時間の少し前だった。
ある意味、丁度よかった。

受付を済ませ、荷物を部屋に入れて、いよいよセミナーの開始である。

この記事へのコメント

キース・ヘリング。いいですね。 - みかん - 2010年09月25日 22:27:59

jazzさま、こんばんは。お疲れさまでした。

キース・ヘリングの美術館があるのですか。
知りませんでした。
地方には案外「穴場美術館」がありますね!

以前、会津方面に行った際に
(正確な場所を忘れました。五色沼あたりです。。)
「ダリの彫刻」を収集した美術館を発見しました。

・・・この先のご報告も楽しみにしております。

みかんさんへ - jazz - 2010年09月27日 06:54:14

みかんさん、おはようございます。
キース・へリング美術館は、セミナー施設から歩いても5分ほどの所です。
こういう1人のアーティストに絞った美術館と言うのは、一貫したテーマがあって
なかなか見応えがありますね。

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード