変化?

先日、近くのものが見え辛くなってきたため眼鏡を造りに行ってきた。
眼鏡屋に行く途中、近道をしようと思い、あるお寺の境内に入った。
このお寺、丁度交差点の角にあり、交差点まで行って直角に左に曲がって行くよりも
境内を通ることによって斜めに進むことが出来るため、ショートカット出来るのだ。
時は夕方近く、まだ明るいが日差しは大分和らいで、暑さも穏やかになりつつあった。
境内に入り歩いて行くと、先ほどまで聞こえていた喧噪が嘘のように遠退き、
代わりにミンミン蟬が盛大に鳴いている。
1匹や2匹ではない。何匹いるか判らないが相当数であることは確かである。
もの凄い大音響で鳴き競うその声に、思わず私は空を見上げた。
大きな椚の木の枝葉が、日差しを疎らに遮っている。
枝葉の向こう側から、ミンミン蟬の鳴き声とともに細かい日差しがユラユラと私の顔に降り注ぐ。
その時思った。

なんと美しい光景なんだろう。

大胆に四方に伸びる椚の枝といい、遠慮ということを全くせずに生い茂った葉といい、
ムキになるように競い合い鳴いている蝉といい、途轍もない生命の息吹きを発散している。
そしてそれらに命を与えるがごとく、降り注ぐ陽光・・・
ここ最近、こういう光景を目にすることがなかったな、と思う。
周りを見ることもなく、無機質な日常を繰り返し過ごしてきていた気がする。
これが地球なんだな、とか変なことを思ってしまう。
そして妙に感動を覚えてしまった。
その数日後、仕事で埼玉に出張した帰り、電車が荒川を渡る鉄橋の上から
西の方を眺めていると、暮れかかる西陽が水面に反射してキラキラしている。
その時思った。

何と美しい光景なんだろう。

またである。
ここ数日、ふとしたことで目にとまる些細な風景に、妙に感動するようになっている自分に気付く。
自分の中で何かが変化したのだろうか。
よく判らないが、兎に角、そう言うことなのだ。
こんなに美しい地球に住んでいることに感謝すべきなのだろう、と思う。
そして自分もその地球の一部であることに、さらに感謝。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード