スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにゆめを見る

久しぶりにはっきりとした夢を見た。
以下、夢の内容をご報告しようと思う。

母が胸の辺りを押さえて前のめりにうずくまるように倒れ込む。
苦しそうな表情をしている。
心臓発作のようである。これはまずい、救急車を呼ばねば。
電話を手に取り、119に架ける。
「はい、こちらは119番、火事ですか救急ですか?」
「救急です」
母が倒れ慌てている筈なのに、電話での私の話っぷりは妙に落ち着いている。
そして、その落ち着き具合が、電話の向こうの人には気にくわなかったらしい。
何故か話しが私の思うように伝わらない。
私が嘘をついているように思われているようである。
なんで母が心臓発作で苦しがっているのに、119番相手に嘘をつかなければ
ならないのか?
そんなこと考えれば分かることだろうに。
そう思うが、私の話は一向に相手に伝わらない。
だんだんと焦ってくる。
「何でもいいから早く救急車をよこせよっ! 母が死んじゃうだろ!」
怒鳴りつける。
・・・が、相手はまだ私を疑っている。
揚げ句の果てに、私が過去に行った悪行の証拠を持っているとか言い出す。
「おまえはいったい何を言ってるんだ! 母が、母が」
「まあ落ち着いて話しましょう・・・」
埒が明かない。

というところで、目が覚める。
何とも夢らしい、支離滅裂、葉茶滅茶、摩訶不思議な展開だった。
なぜ私が電話口の向こう側の男に疑われているのか、
目が覚めてから考えると可笑しくなってくる。

夢の断片に、なにかシンボリックな内容が潜んでいるのだろうか・・・
どなたか夢に詳しい方がいらっしゃったら、
今回の私の夢の意味など教えていただけると嬉しい。

ちなみに、母は今日もいたって元気である。

この記事へのコメント

詳しくないですが - みかん - 2010年11月04日 21:00:51

今晩は。
私は父の葬儀の夢を数回見てます。
あまり丈夫でない父なのですが今も元気に母とあちこち出かけています。
きっとお母様は元気に長生きなさいます♪

みかんさんへ - jazz - 2010年11月06日 08:25:06

みかんさん、おはようございます。
暖かいメッセージをありがとうございます。
夢の中の出来事とC1での現実との関連は無いようですね。
少し安心しました。
でも、この夢の意味するところは何だったのか、気になります。

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。