スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な光景

朝、「Hemi-syncによる過去世(別の人生)探求」を聴く。
このCDは他の人も言っているが、非常に「やっちまう」確率が高い。
リラックスするための導入が長い所為か、その間にやっちまうのだ。
このため、私もかなりの回数聴いてはいるが、なかなか体験に至らない。
ただし、ちゃんと聴けた時には素晴らしい体験が出来る。
斯様なわけで、やっちまうことを覚悟の上で、ついつい聴いてしまうのだ。
今朝も半分やっちまう覚悟で聴き始める。
ナレーションに従い、リラックスしていく。
途中から例によって意識が怪しくなり、ナレーションの声も
聴いた記憶がない。
セッションの後半だろうか、ふと意識が戻り無意識に伸びをする。
その瞬間に突然、不思議なものが見えてきた。
目の前の暗闇が突如、得体の知れないものに埋め尽くされる。
視界いっぱいに、芋虫のようなものが規則的に蠢いて見える。
芋虫、というよりも、沸騰した湯の表面を見ていると言った方が近いか。
沸騰して泡立つ水面の動きを見ている・・・ような感じ・・・
ちょっと違うか、なんとも表現するのが難しいが、
視界一面に規則的な模様が蠢いている感じのイメージが見える。
・・・なんだろう、以前に似たような感じのイメージを見た覚えがあるが、
その時の記憶が定かではない。
今回はクリックアウトしていて、意識が戻った瞬間に
無意識に伸びをしたため、正常に意識が戻ってこれずに
妙な世界を垣間見てしまったのだろうか。
妙な模様は数分で徐々に見えなくなっていった。
そのまま、セッションも終了した。

今回の妙な模様は何だったのだろうか。
過去にもなにかの拍子に似たようなものを観た記憶があるが、
その時には、さして気にならなかったため、特に記録に残さなかった。
今回再び似たような体験をすることで、過去のことも思い出した。
それで妙に気になってしまった。

この体験は、なんなのだろう?

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。