スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早起きヘミシンク

朝、3時半に目が覚める。
ヘミシンクを聴こうかと思ったが、さすがにまだ早い。
再びベッドでしばし微睡む。
うつらうつらした後、時計に目をやると4時半である。
そろそろ起きてヘミシンクを聴き始めても良いかな、と思う。
コーヒーを淹れ、二口三口飲む。
それからセッションを開始する。
今朝聴いたのは「Hemi-syncによる過去世探求」である。
このCDは、ナレーションがしっかりと誘導してくれるタイプのもので
ナレーションに言われるがままに体験を進めることで
自分の過去世を体験できる、というもの。
ただし、前半の導入部でのリラックスに時間が多く取られているため、
結構な割合で寝落ちしてしまう。
あ、やっちまった! ということが(私の場合)非常に多い。
それでも、ちゃんと落ちずに聴けた時には面白い体験が出来るので、
ついつい聴いてしまう、最近の私のお気に入りである。
例によって、今朝も若干クリックアウト気味にセッションスタート。
なんとかナレーションが過去世に誘導するところまで辿り着く。
ナレーションに従い、自分の足下に意識を向ける。
最初、何となく黒い革靴を履いているように感じたのだが、
やがてイメージが変化していく。
何もはいていない、裸足である。
どうやら何処かの時代(かなり古い時代か)の原住民?
裸足で草原のようなところを駆け巡っているイメージ。
今回はかなり昔のヴィジョンだな、とか思っているうちにクリックアウト。
ふと意識が戻ると、ナレーションがこの過去世で得た教訓のようなものを
訊ねている。
クリックアウトしていたため、急に教訓とか言われても困るが
ふと頭に浮かんできたのが 「自由気まま」「自由奔放」というフレーズ。
もっと自由気ままに生きてゆけ、ということだろうか。
などと考えているうちに、再び意識が怪しくなっていく。
次に気付いた時にはCDが終わっていた。

やはりこのCD、完璧な形で聴き通すのは(私にとっては)至難の業である。
それでも今回は所々意識があったので、多少の体験にはなった。
教訓が「自由奔放・自由気まま」というのは、
自分の現状を変える必要がある、と言われているような気がする。
これも向こうの世界から届いた、今の私に必要なメッセージのひとつ
なのかも知れない。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。