スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き続きバシャール

今朝もバシャールとコンタクトしてみようと思う。
机に向い、メタミュージック(Into the Deep)を聴きながら
深呼吸を繰り返す。そして例によって、バシャールの宇宙船の動力源を
イメージする。
程なくバシャールと繋がる事が出来た感じがする。

「こんにちは」
「こんにちは。今日もあなたのコンタクトに感謝します。」
「ありがとうバシャール。今日訊きたいことは、世界の真実についてです。
ある映画を観ている時『現実と非現実は逆』というメッセージを貰いました。
唐突にあるシーンからヒラメキを得るみたいに入って来たメッセージです」
「はい、現実と非現実が逆かどうかは見る側面の違いです。いまのあなたがいる
世界、すなわち物質界から見る場合、あなたがいるそこが現実ですね。
でも私たちのいる場所から見ると、私たちのいる場所が現実です。
私たちのいる現実では、あなた方のいる現実もしっかりと存在しています。
ちゃんと存在していることを認識できる形で存在しています」
「ちょっと理解しきれていないです。もう少し分かりやすく説明してください」
「はい、私たちのいる現実は第四密度と言われていて、あなたが非物質界として
理解している世界に近い状態です。そしてあなたがいる現実は第三密度と
言われています。第三密度よりも第四密度の世界の方が波動レベルが高く、
第三密度から第四密度を認識することは通常出来ません。
ただし意識の波動レベルを上げることでコミュニケーションは可能となります。
いまあなたがやっていること、これがまさにそれです」
「はい、それは坂本さんの本で読みました」
「ありがとう。さて逆に第四密度からは第三密度の存在は比較的簡単に
認識できます。あなた方が鉱物を見るのと近い感覚かもしれません。
そこに存在することは明らかに認識できます。ただし波動レベルが違うため、
そのままではコミュニケーションはとれません。
コミュニケーションをとるためには、私たちは私たちの波動レベルを
あなた方とコミュニケーションがとれるレベルまで下げる必要があります。
そして、あなた方も私たちとコミュニケーションをとるために
波動レベルを上げる必要があります。いまあなたと私たちがこうして
コンタクトをとっているのはお互いに波動レベルを調整しているから
出来ているのです」
「はい、そこまでは理解できています」
「ありがとう。そこで先ほどのあなたのご質問ですが、
あなたから見た場合、あなたの現実は第三密度で認識できる世界だけです。
第三密度にいると、第四密度の存在は認識できません。
ですから第四密度、さらにはそれ以上の世界はあなたにとって非現実です。
第四密度の私たちから見ると、第三密度の世界は第四密度の世界の中に
存在していることが認識できます。したがって、私たちにとっては
第三密度も第四密度も現実です。私たちにとっては、
あなたにとっての現実も非現実も、両方とも現実なのです」
「なるほど・・・つまり、私の認識している現実も非現実も、バシャールから
してみればどちらも現実である、私の現実、つまり第三密度の世界は
第四密度の世界から見れば、一部として含んでいる、と言うことですか?」
「はい、だいたいの理解はそれでいいと思います。ですから見る側面の
違いで真実は違ってくるのです。どちらが正しいとか正しくないという事では
ありません」
「なるほど、何となく理解できました。私の見ている現実と非現実が
逆なのではなく、認識できていない、私が非現実と思っている世界の中の
一部として私の現実が存在していると言うことですね。
認識できる世界が第三密度で、それを包含するように第四密度の世界がある。
ただしそこは波動レベルが高いために私のいる世界からは認識が出来ない」
「はい、それで結構です。理解できていると思います」
「なんだか凄く回りくどい感じになっちゃいましたね。でも頭で理解しようと
するとこうなっちゃうんですかね」
「はい、理解するのではなく感じてください。波動のレベルが上がってくると
こういう情報が『感じる』事が出来るようになります。ヒラメキのような
感覚で、一瞬にして感じることが出来るようになります。
それを頭で『理解』しようとすると、大変なことになります。
先ほどのようにね。頭で理解しなくても、感じることであなたには十分理解
出来ている筈です。言葉にするのは大変ですが、感じることで理解は
しっかり出来ています。これを繰り返すことで、あなたの波動レベルが徐々に
上がっていきます。そして波動レベルが上がっていくと、こうした
ヒラメキのような情報がもっともっとたくさん入ってくるようになります。
そしてそれがあなたのは同レベルをさらに上げていきます」
「波動上昇のスパイラルですね」
「そうです。スパイラルです」
「ありがとうバシャール。そろそろ時間です」
「ありがとう。今日のコンタクトに感謝します。あなたの波動レベルは
徐々に高くなっています。もっと世界にワクワクしてください」
「ありがとう」

バシャールらしい、理路整然としたメッセージを貰うことが出来た。
私にとってバシャールは非常に論理的である。
人それぞれ、色々なバシャール体験をしていると思うが、
これはコンタクトするバシャールが違う存在である、と言うことだろうか。
私たち人間と同様、個々のバシャールにも個性が存在する、と言うことか。
これも面白い発見と言えなくもない。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。