スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タリーズコーヒーでパターニング

夕べは夜9時に布団に入った。
お前は小学生かよ!
というツッコミが聞こえてきそうだが、早く寝て早く起きて
朝じっくりとヘミシンクを聴こう、という算段である。
9時に寝れば、6時間たっぷり寝たとしても3時に目が覚める筈である。
3時に起きれば、ゆっくりとコーヒーを淹れて目を覚ましてから
2セッションはこなせる。
そう思って布団に入った。
そして、目が覚めた。
時計を見る。
3時少し過ぎ・・・計画通りだ。
さあ、起きよう・・・
そう思って布団の中でゴロゴロしているうちに、再び寝てしまった。
次に目が覚めたのは、5時をまわっていた。
今からじゃ、もうヘミシンクを聴いている時間はない。
計画が台無しである。
まあ、それだけ疲れていたと言うことか。
たっぷりと寝ることが出来たので、良しとしよう。

その分、日中に時間調整でタリーズコーヒーに寄った際、
1時間ほど時間があったため、ヘミシンクを聴いてみることにした。
椅子に座り、姿勢を正し、イヤホンを耳に装着。
聴いたのは「向こう1ヶ月のパターンニング(WAVE2-3)」
セッションの途中で何度かパターンを作り、それを開放するセッションだが、
自分ではクリックアウトせずにセッションをこなしているにも関わらず、
いびきをかいている。
・・・ここはタリーズコーヒーである。
いびきをかいたら周りの人に迷惑だ・・・
そう思うも、鼻がグゥと鳴る。
意識は完全に目覚めているが肉体は眠っている(F10)と言うことだろうか。
これは変性意識状態になっている証拠、と言えなくもない。

面白い。

その後、C1に戻り、目を開ける。

朝の早起きセッション計画は脆くも崩れ去ったが、
昼間のタリーズコーヒーでのセッションは面白い体験となったので
これはこれで良かったのかもしれない。

そう思うことにしよう。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。