雪の夜に思うこと

月曜の晩、東京では珍しく大雪になった。
東京で雪が積もると大変なことになるが、それでも雪は好きだ。
夜遅くなって、どのくらい積もったかなと思いつつ、
子供とカーテンの隙間から外をそぉ~っと(シャレじゃないぞ)覗き見る。
あっと仰天する。積もってる積もってる♪
雪は良いな、と思う。
雨だとその降り方によって音が違う。
小雨だとサラサラと霧のような細かい水滴が舞うように降る。
大雨だとバタバタと音を立てて、大粒の雨粒が天から落ちてくる。
嵐になると、風が窓を揺さぶり、電線がぶんぶんと唸り声を上げる。
だが、雪は違う。
どんなに大雪でも、音を立てずに降り積もる。
外を垣間見なければ、降っていることさえ気付かない。
東京の夜景が、一面真っ白に塗りつぶされていく。
家々の屋根が、舗道が、街路樹が、ことごとく白い。
夜半だというのに、窓の外はまるで昼間のように明るい。
なんとも摩訶不思議な光景である。
雪によって昼間のように明るい夜景を眺めつつ、ふとあることを思い出す。
小学校の時のこと。
理科のテストで、次のような問題が出題されたことがあった。

・いちばん明るいのは次のうちどれですか。
 ア:くもりの日  イ:晴れた日  ウ:雪の日  エ:雨の日

私は、ウを選んだ。
テストの数日前(数週間前だったかもしれない)に雪が降った際に、
校庭が雪で真っ白になりその反射で教室内がいつになく明るく感じられたのだ。
教室の天井が不自然なまでに明るかったのを、今でも鮮明に覚えている。
その時の記憶から、いちばん明るいのは「雪の日」と答えた。
正解は当然ながら、イである。
これについて、異論を唱える方は(特に常識を持った大人なら)まず居まい。
だが、と思う。
本当は雪の日の方が明るいのではないだろうか、と今さら思う。
小学生だったあの日、私にとって雪の日の光景は間違いなく明るかった。
晴れた日の光景よりも、確実に明るかった。
あの時の私には、そう感じられたのだ。
それで良いじゃないか、と思う。
全ての人が同じ答えである必要など無いのだ。
自分で見たもの、感じたことが、自分にとっては真実なのではないか。
理科の教科書は、雪の日よりも晴れた日の方が明るいと教える。
照度計の目盛りも同じように、晴れた日の方が大きく針が振れる。
だが、未だに私の心の何処かが、雪の日の方が明るいと言い続けている。
理屈じゃなく単なる感覚だ。

昼間のように明るい東京の夜景を眺めつつ、
私の心は40年近い時間を逆行していた。

・・・雪はいいな・・・

この記事へのコメント

わかります!! - リン - 2011年02月17日 21:52:08

jazzさん、こんばんは。
これは完全に出題ミスっていうか、問題文の表現が曖昧すぎますね。
雪が積もっている晴れた日は間違いなく眩しいですもん。
スキーに行ったらお肌が雪焼けでかなり黒くなりますし。
雪が日光を反射して、紫外線がものすごいことになりますからね~。

学校のテストで納得行かなかったこと、私にもあります。
高校の英語のテスト……出題の意図がつかめず良い点が取れなくて、(これも、問題文の日本語が曖昧だったんです。)当時英語が得意だった私はかなり悔しい思いをしました。
あと、これはテストではないのですが、授業中に先生に「コロンブスはどうして新大陸に行ったか」という質問をされ……私はとっさに「好奇心です!!」と答えてしまいました。(答えは、「香辛料を求めて」なんですが。)……好奇心(言い換えると、男のロマン)って……決して間違ってはいないよなあと、今でも思っていますv-389

リンさんへ - jazz - 2011年02月19日 11:03:17

リンさん、おはようございます。
そうなんです。納得いかなかった、というよりは、
この間違いのあと、先生に「晴れの日の方は明るい」と言われ、
そおなんだ・・・と思いました。
そしてそれが自分の中で既成概念として形成されていったのでした。
雪の日よりも、晴れの日の方が明るい。
自分がどう感じたかではなく、物理的にはそれが正しい。
でも、ここ最近、非物質界を探索するようになり、
物質界で見て感じているものの危うさみたいなものを知るにつけ、
やはり自分で感じたままがいちばん正しいのかな、と思ったりします。
コメントありがとうございました。

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード