ペイン・マネージメント

久しぶりにヘミシンクCDを購入した。
Mind Food シリーズの「ペイン・マネージメント」である。
これは、ヘミシンクを利用して痛みの信号を減らし、治癒効果を促進する
というものだ。
実は私は腰痛持ちである。
もう随分前になるが、ぎっくり腰を患って以来、年に数回はぎっくり腰になる。
一瞬の気の緩みで、本当に一瞬の出来事で、ギクッとなったが最後、
身動きすら出来ない痛みに見舞われる。
あの痛さは経験したものにしかわからない。

最近では、ぎっくり腰以外の時でも、腰が鈍く痛い状態が続いている。
座った姿勢が宜しくないらしいが、こればかりはどうしようもない。
ときどき鍼灸院に通ったり、カイロプラクティックに通ったりしているが、
調子がいいのは数日で、すぐにまた元の鈍い痛みの状態に戻ってしまう。
何か良い治療法はないものか・・・
人によって様々なことを言う。

腹筋を鍛えると良い。
ヨガが良い。
ストレスを無くすと良くなる。
そんなもの気合いで直せ・・・

どれもそれぞれに根拠のある方法なのかもしれないが、
どうもしっくり来ない気がしていた。

ヘミシンクのCDに「ペイン・マネージメント」がある事は前から知っていたが
なんとなく手を出す気になれなかったので、購入するに至らなかった。
が、ちょっと試してみたい気分になってきたので、購入に踏み切った。
早速聴いてみた。

オープニングの音楽は、Going Home と同じものである。
あれ、Going Home が始まっちゃった?
と錯覚を起こす。
ナレーションに従い、リラックスしていく。
このリラックスが危ないのだ。
多くの場合、リラックスしすぎてやっちまう。
案の定、やっちまった。

※やっちまう、とはクリックアウトしてしまうことである。
 クリックアウトしてしまい、後で気付いた時に「あ、やっちまった!」
 と後悔の思いにさらされることから、この様な表現を用いている。

と、これが夕べの話。
今朝再びチャレンジしてみたが、どうやらこのCDはリラックスさせて
睡眠に誘うものらしい。
非常に心地よい状態で、ナレーションも話しかけるというよりは
耳元でささやくような調子に変わっていく。
これじゃ、やっちまうのも無理はない、とか思いつつ聴いていたら、
やっぱり最後の方でやっちまった。

腰の痛みはというと・・・
あまり変化したようには感じない。
まあ、1回や2回聴いただけで良くなるとは流石に思えないため、
しばらく聴き続けてみようと思う。

そのうち経過報告をさせて頂こうと思う。
何時になるかはわからないが・・・

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード