スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高精度センサー

今朝も、フリーフローF15 を聴く。
最近なぜか、F15を選ぶことが非常に多い。
何を聴こうかな・・・と思ってCDを見渡すと、F15が目に留まる。
F15が気に入っているという事かもしれないが、
逆にF15の領域で必要なメッセージを得る為に導かれているのかもしれない。
ということで、今朝の体験。

準備のプロセスの後、F15に移行していく途中で、
各フォーカスレベルの違いに集中してみる。
F10は全身が見えないクッションの中にどっぷりと浸かり込むような、
何とも言えない感覚がある。全身が完全にリラックスしたような。
F12は目の前が一気に拡がっていくような感覚。
自分の第2の肉体がどんどん膨張していく感覚、とでも言おうか・・・
そしてF15。
感じられる世界の広さが全方向に拡がっていく。
そしてイメージとしてはF15に近付くに従い、暗くなっていく。
何もない真っ暗闇の宇宙に、ひとりポツネンと漂っているような、そんな感じ。

フリーフロー開始。

今回は何も考えず、感じるままに任せてみる。
様々なイメージが断片的に浮かんでは消える。
何故か、電車(地下鉄?)の車内のイメージと花畑のイメージが
何度も浮かんでは消える。
花畑に電車・・・何かのヒントだろうか・・・考えても何も気付くものはない。
やがて目の前にモヤモヤとした淡い光が見えてくる。
いつものヤツだ。
しばらく、見るともなくぼんやりと淡い光を眺めているうちに、
自然といつもの質問コーナーになっていた。
以下、掻い摘んでご紹介すると・・・

「なぜC1では物事が思い通りに行かないのか?」
「思い通りに行かないのには2つの理由がある。その場所で乗り越えるべき
壁が存在することを知らせる場合と、その場所が正しい場所ではないことを
知らせる場合だ」
「その2つをどう見分けたら良いのか」
「見分け方は簡単だ。思い通りに行かないことが起こった時に何を感じるかを
観察すればいい。その出来事に違和感を感じるようならば、
それはあなたにとって正しい場所ではないことを示している。
違和感というのは非常に高精度なセンサーなので、違和感センサーの針が示す
方向は信頼して良い。このままこの場所で乗り越えるべき時には、
センサーがちゃんとそれをあなたに教えてくれる。
違和感として感じる時は、ほぼ間違いなくそこがあなたにとって相応しくない
場所であることを示している。だからその場所にいるべきではない」
「なるほど。だが物事を途中で投げ出してその場を立ち去るのは気が引けるが」
「逆にあなたに訊くが、あなたが本来の場所にいないで別の場所に居続ける事に
あなたは気が引けないのか?」
「・・・いや、本来居るべき場所が正確にわかっているならそこに行くと思う」
「違和感を感じるということは、その場所があなたのいるべき場所ではない事を
知らせているのだから、正しい場所を探す必要があるのではないか?
正しい場所がわからないからと言って、正しくない場所に居続ける意味はない。
正しい場所がわからないなら探せば良い。探す必要があることをあなたに
知らせているのが違和感なのだから」
「具体的には何をすればいいのか」
「それはあなたがあなたの力で見つける必要がある。正しい場所に来た時に、
そこが正しい場所かどうかは、違和感センサーを使えば簡単に見分けることが
出来る。私があなたにその場所を教えることは出来ないが、この違和感という
感覚をうまく活用することで、あなたが思っている以上に簡単に正しい場所を
見つけることが出来る筈だ。
現にあなたは無意識にその方法で、かなり近付きつつある」
「近付きつつある、と言うことは、あとどのくらいで到達出来る?」
「・・・あなた次第」

ここでナレーションが帰還の時を知らせる。
ゆっくりと時間をかけてC1帰還。

今回はクリックアウト無しでセッションを終えることが出来た。
違和感と言う感覚が、自分の本来居るべき場所を計る高精度なセンサーだと
いうことがわかった。
これは便利な道具となるな、と思う。
誰にでも簡単に使えて、なおかつ精度が高い。
自分の今居る場所をこのセンサーで計ってみると・・・

違和感だらけだ。
早いとこ正しい場所を見つけよう。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。