夕焼け空

昨日の夕方は、東京はきれいな夕焼け空だった。
出張先から直帰した私は、早々にシャワーを浴び、
缶ビールを片手に屋上に上がった。
手すりにもたれるようにして夕焼け空を眺めつつ、ビールを煽る。

旨い!

このような場合、どれが正解だろうか?
旨い、美味い、うまい・・・
私はアルコール系飲料の場合、旨いが正解かと思う。
どうでもいいが。

空を見上げると、青空部分と夕日に染まった雲の部分、実際の夕日・・・
それぞれが微妙に混ざり合って、得も言われぬ色合いを醸しだす。
雲の厚みの違いの所為か、白、黄色、橙色、朱色、赤色などが
様々なコントラストをなしている。

美しい。

純粋にそう思う。
空という巨大なキャンパスに、瞬間瞬間で変化していく芸術が広がる。
自然というのは、なんと才能豊かな芸術家なんだろう、と思う。
そして、それを見て美しいと感じる人間も、
じつは自然の一部なんだ、という感覚になる。

この空の何処かに、宇宙人がいるのかな・・・
急に目の前に円盤が飛んできたりして・・・
なんて思ったりするが、流石にそれはなかった。
宇宙人の殆どは、非物質的な存在なんだろうし、だとすれば肉眼で物質的に
見ることは出来ないのだろう。

そんな取り留めのないことを考えつつビールを飲み干す。
夕焼け空もだいぶ暗くなり、いつの間にか夜空に変わりつつあった。
少し肌寒くなってきたので部屋に戻った。

たまにはこうして、空を眺めてビールを飲むのも良いものだ。
美しい夕焼け空に感謝。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード