機内でヘミシンク

函館から羽田までのフライト中、機内でヘミシンクを聴いてみた。
何を聴こうか迷ったが、結局FF15を聴いた。
さて結果だが、F15には行けた感じはするが、どうにも集中出来ない。
まず、機内の騒音が凄い。
最初はピンクノイズだってある意味雑音なわけだし、機内の騒音と似てるし、
結構集中出来ちゃったりして・・・なんて思ったのだが、
騒音のレベルがまるで違う。
ジェット機の騒音は、ヘミシンクのピンクノイズと比べケタ違いに五月蝿い。
今回は耳を覆うタイプのヘッドホンを持っていったが、それでもダメだった。
そもそも、ナレーションがよく聴こえない。
それでも頑張ってボリュームを上げ、聴いてみたが、
やはりF15に行くところまでが限界だった。
フリーフローの最中に、ポーン(シートベルト着用サイン点灯)とか鳴るし、
集中して内観を始めると、機長がご機嫌な声で挨拶し始めるし、
前の方の席で、赤ん坊が泣きわめくし・・・
ヘミシンクに集中するには、あまりに過酷な環境と言わざるを得ない。
この状態で、よくF15まで行けたものだと、逆に自分に感心してしまう。
が、そこまでだった。
気流が荒れてきて、まるでジェットコースターみたいに揺れまくる。
こうなると、もう続行は無理だ。思わず目を開けてしまった。
私はジェットコースターが大の苦手なのだ。

機内でのヘミシンクは、私には相当困難だった。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード