再びF27のスペシャルプレースへ

昨日のセッションでガイドから、伝えたいことがいっぱいある、と言われたので
今日は再び自分のSPに行こうと思う。
例によって、ライフラインでお土産にもらったCDを聴く。
ボブのナレーションに従い、F27に移動。
早速自分のSPに向かう。
今日は昨日よりは意識がはっきりしている気がするが、
それでも認識出来たガイドは高橋さんだけだった。
「よう、早速来やがったな」
相変わらず口が悪い。
自分でもっと頻繁に来いとか言ったくせに・・・
まあ、これが高橋さんの持ち味なので、気にはならないが。
昨日高橋さんが言っていた「伝えるべきたくさんのこと」について訊いてみると

「成り行きに任せる」

というメッセージを受け取ることが出来た。
・・・それだけ?
しばらく待ってみたが、それ以上は何も得られなかった。
たくさんあるとか言いながら、1個だけかよっ!
とか思うが、結局今日はそれしかメッセージはもらえなかった。
今回は意識がはっきりしているにも関わらず、
これ以外ガイドとの会話はなかった。
そしてこれ以上の進展が無いまま、ボブの帰還を促すナレーションが聴こえて
きた。
高橋さんに礼を言い、C1帰還。

伝えたいことがたくさんある、と言われてSPに行ってみたが、
受け取ることが出来たのは1個だけだった。

「成り行きに任せる」

いったいどういう意味だろう・・・?
メッセージの意味自体は明確だが、あまりに一般的すぎて、
具体的に何をどうしたら良いのかさっぱり判らない。
これからの日々で、今回のメッセージを活かす機会が訪れるのだろうか・・・

それにしても、メッセージが1つしか得られなかったのが驚きである。
たくさんあるから来い、と言われたので、たくさんメッセージを貰えるのかと
思っていたが、貰えたのは1個だけ。

さては小出しにするつもりか?

まあ、一気にたくさんのメッセージを得たとしても、
それらを十分に活かすのは、逆に大変かも知れない。
その辺まで考えて、ガイドはメッセージを小出しにしているのだろうか。
そう考えると、何となく合点がいく。

そう言えば、最初の準備のプロセスでアファメーションに
「今の自分に最も重要なメッセージを得ることを期待します」
という文言を追加したっけ。
最も重要なメッセージ、なんて言ったために1個だけしか貰えなかったのか?
だとすれば、

ガイドは私の注文通りにしただけだったのだ。

今日受け取ったメッセージが、今の私に最も重要だということなら、
これを活かす機会はそう遠からず訪れる、ということだろう。
どういう形で活かされるか、楽しみだ。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード