スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝ている間、意識はどうなっているのか?

今朝、目が覚めるときに面白い体験をした。
寝ている間は完全に意識がないのは言うまでもないが、
その間、意識は何処に行っているのだろう?
F21にはナイトスクールというものがあって、
寝ている間は意識はそこにいる、という話しを聴くが、
寝ているときは意識が無いため、本当にそこに行っているのか実感が無い。
夢で見知らぬ土地を旅していることもあるが、
これとて実際に意識が旅をしているのかは確かめようが無い。
そもそも寝ている間、意識が無くなっている間に、
意識は何処かに行っているのだろうか。
肉体から離れて、何処かを浮遊しているのだろうか。
それとも肉体にいながら、何らかの体験をしているのだろうか。

ヘミシンクをやっているときに、意識が浮遊するのは何度も体験しているし、
体外離脱する際にも、意識が肉体から遊離する体験をしているので
肉体が意識を離れることが出来るのは疑う余地は無いが、
では寝ている間は意識はどういう状態になっているのだろう?

それに対する答えのヒントとなりそうな体験を、今朝した。

朝、寝返りを打った瞬間、意識が戻ってきた。
変な姿勢で寝ていた所為か、左手が痺れていることに気が付く。
まだ、目は開けていない。瞑ったままの状態である。
そして、そろそろ朝かな、と思う。
目の前、まだ瞼を閉じている状態だが、目の前の暗闇が動いている。
瞼の向こう側が、細かい模様になっており、それが規則的に揺れている。
揺れているというよりも、2種類の模様が交互に切り替わりながら
見えている、と言った方が近いかもしれない。
結構な早さで切り替わっている。
性格ではないが1秒間に4回程度の早さだろうか、模様が交互に切り替わる。
瞼の向こう側に模様の蠢きを見ながら、何だろう、と思う。
これは以前にも数回、見た記憶がある。
その時も確か、寝起きだった様な気がする。
目の前で変な模様が蠢くように揺れている様子を見ながら、あることに気付く。

もしかしたら、これは意識が肉体に戻ってきたときに
肉体の中に入り込む際の現象ではないだろうか・・・

何処か(それが何処かは依然として謎だが)から意識が肉体に戻ってきて
肉体に入り込む際に、しっかりと戻るために振動する・・・
とは、考えられないだろうか。
その証拠に、この模様のような蠢きは徐々に薄れていき、やがて見えなくなる。
そしてゆっくりと目を開けると、そこはいつもの寝室である・・・

今回の体験から、寝ている間はやはり意識は何処かに行っていると思われる。
それが何処かは分からないし、それを知る術は今のところ思いつかないが、
兎に角、肉体を離れていて、目覚めるときに戻ってくるようである。
その時の現象が、瞼の向こう側が揺れる、ということか。

あくまで私見であり仮説に過ぎないが、
強ち間違ってもいないのではないだろうか。

似たような体験をした方がいらっしゃったら、是非シェアしていただきたい。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。