スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F15で得たある洞察

フリーフローF15を聴く。
今回は何の目的も持たず、ただただF15を感じてみようと思う。
準備のプロセスを経てF15到着。フリーフロー開始。

何もない。
というよりも、何も感じないと言った方が近いかもしれない。
必死に何かを探し求めて意識を右往左往するが、何もない。
上も下も右も左も、前も後ろも、そして内も外も・・・本当に何も感じない。
いつもならこの状態から意図的に何かをイメージすることで
知覚が始まるのだが、今回は敢えて何も意図せず状況を観察する。
しばらく何も感じない状態が続くが、やがて朧気に何かを感じ始める。

・・・視点・・・

自分自身の視点を感じる。
何もない殺伐とした広大な荒野に、白い円筒形の施設が見えてくる。
この中に入ると、自分の意識の内側に分け入っていくことができる。
私がF15で内観する際に用いるメンタルツールである。
だが今日は、この白い建物に入ろうとはしない。
荒野に佇むこの白い円筒形の施設を、ただ見ている。
自分自身の視点。
この視点には、当然ながら自分はいない。
自分の目で見ている感覚である。
やがて、この視点が変化し始める。
イメージの中に、自分が立っているのが見えてくる。
自分を自分以外から見ている状態である。
だがこの視点も、他でもない自分の視点であることが、感覚的に解る。

なんだろう。

この異なる2つの視点が、ともに自分自身の視点であると感じるのは、
いったいどういうことなのだろうか。
そして自分を見ている視点を自分自身で感じつつ、
だんだんと自分自身が世界と一体化しているような感覚になっていく。
この感覚はなんだろう・・・
そして、メッセージが私の意識に届く。

すべて自分の中で起こっていること・・・

なんとなく、今回の体験の言わんとすることが理解できた気がした。
そのままこの2つの視点を行き来しつつ、その認識を確認する。
やっぱりそうか・・・
やがて、私以外の人物が視界に入ってくる。
・・・saoriさん・・・? のような気がするが、確かではない。
saoriさんは、何かを探すようにあたりを見回している。
そのまま意識は再び世界と一体化し始める。
何も見えなくなる。
再び何もない、何も感じない状態に戻っていく。
それでもフリーフローは終わらない。
しばらくそのまま何もない状態を漂っていると、
漸くナレーションが帰還を促す。
ナレーションに従い、C1帰還。

自分の視点を通して自分が世界と一体なんだと言うことを感じた。
自分が見ている世界は、自分そのものでもあるという、なんとも壮大な体験。
そして、それぞれの人が同じく自分の視点を持ち、
その視点を通して自分自身の創造する世界を体験している。
全ての存在は世界と一体であり、そういう意味では私たちはみなひとつの
同じ存在なのかもしれない。
これまた深い洞察を得るに至ってしまったが、
私自身、まだ完全に理解できたわけではない。

このことを理解するためには、まだまだ長い道のりが必要なのかもしれない。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。