スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に、シャーマンズ・ハート・プログラム

庭の雑草が伸び放題である。
早くきれいにしなければと思いつつも、毎朝天気予報を見るたびに
やる気が失せていく。
日に日に大きく成長していく雑草たちを見ながら、
もはや手作業での刈り取りは無理なんじゃないか、と思ってしまう。
電動の草刈り機を買ってこようか、業者に除去を委託しようか・・・
いずれにしても自分でやろうという意思はどこかに消え去ろうとしている・・・
取り敢えず今日のところは、雑草のことは忘れることにしよう。

さて、今日のヘミシンク。
モーメント・オブ・レバレーションを立て続けに2回やっちまった後、
シャーマンズ・ハート・プログラム#5を聴く。
シャーマンズ・ハート・プログラムは、ヘミシンクCDの中でも異色である。
ビートの効いたサウンドの渦巻く中、シャーマニックな世界に誘われていく。
今回もご多分に漏れず、アーシーなドラムの音が私の意識を変性意識状態に
ゆっくりと引き込んでいく。
やがて薄暗い空間の中に、人物のシルエットが見えてくる。
シルエットのためはっきりしたことは分からないが、頭に羽のようなものを
つけている。何処かの部族の酋長か何かか・・・

誰だろう・・・と思ってしばらくシルエットを観察するが、人物を特定する事は
出来なかった。
イメージはこれ以上進むことはなかったが、代わりにメッセージが届く。

陽炎(かげろう)を凝視せよ・・・

???
なんのこっちゃ?
全く意味が分からない。
きっとそのままの意味ではないのだろう、と思うが、
じゃあどんな意味があるのだろう。
しばらくすると、様々なヒントのようなものが頭に浮かんでくる。

形の朧気なものをしっかりと見つめることで、そこにあるものを自分のものに
せよ。
形のあるものを見るのは簡単だし、それを理解することも難しい事ではないが、
形の朧気なもの、形の定まらないもの、形のないものを見、信じ、理解するのは
容易なことではない。
そういうものを否定するのは簡単だ。
目に見えないものは存在しない、と言ってしまうのは誰にでも出来ることだ。
だが、本質は朧気なもの、見えないものの中にある。
それを見る努力をせよ。
しっかりと目を凝らせ。

やがてサウンドがフェードアウトしていく。
静かなピンクサウンドの中、今の体験を頭の中で整理する。

見る、と言う行為は、目を使うだけではないと言う意味だろうか。
心で見る、感性で見る、感覚で見る・・・
視覚以外のものを駆使して「見る」努力をしたときに、
見えてくるものとは一体どんなものだろう・・・
間違いなく言えるのは、それらは朧気なものに違いないということだ。

ヘミシンクの体験も、ある意味非常に朧気なものである。
それらをあらゆる手段を講じて「凝視」することで、
自分にとっての何かが見えてくる、ということだろうか・・・

陽炎(かげろう)を凝視せよ・・・

わかったような、わからないような。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。