スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非物質界の友人

今週の金曜から、いよいよエクスプロレーション27(x27)である。
一緒に参加する仲間も、F27までのおさらいとかに余念がないようだ。
ということで、私も今日はF27までのおさらいをしようと思う。
聴いたのは昨年のライフラインでお土産にもらったCDである。
このCD、ボブのナレーションでF10から順番にF27まで誘導してくれる、
非常にわかりやすいCDである。
ボブのナレーションで非物質界を観光旅行しているような気分になる。
さて今回はどんな体験が出来るだろう、楽しみである。

・・・やっちまった・・・

レゾナントチューニングの途中から記憶がない。
クリックアウトというよりも、爆睡に近い。
う~ん、x27が近いというのに、これは如何なものだろう・・・
なんとなく、今日はこれ以上無理しても仕様がない気がするため、
F27の探索を深追いするのは止めにする。
代わりに何を聴こう・・・
iPodの中をグリグリしながら聴くセッションを決める。
選んだのは、久しぶりに「非物質界の友人」(WAVE6-4)である。
このセッション、F12でガイドとの共同作業で自分の意識体を持ち上げる。
非常にシンプルなセッションだが、なかなか面白い趣向である。
早速、聴いてみる。

ナレーションに従い、準備のプロセスを済ませてF10に移動。
その後F12に移動し、そこでガイドに来てもらう。
やってきたのは、F27のSPにたむろしている4人のガイド。
左側にシンガスさん、ユーカリさん、右側に高橋さん、熊田くん。
この4人に、自分の意識体を肉体から遊離し、上空に持ち上げてもらう。
以前にこのセッションをやったときの記憶では、
左右に2人ずつガイドが寄り添い、私の脇の下を支えるようにして
上空に持ち上げてもらったように思う。
が、今回は4人とも私に近付いてこない。
4人がほぼ等間隔で、私の前方1メートルほどのところに並ぶ。
そして、私の体(意識体)が次第に宙に浮かび上がり始める。
ガイド4人も、私と一緒に等間隔を保ちつつ浮かんでいる。
私(の意識体)とガイドたちは、見えない何かに繋がれて浮遊している。
どんどん上昇していく感覚に任せ、そのまま上昇を続ける。
どのくらい上昇したのだろうか、既に肉体の感覚はほぼ感じなくなっている。
この浮遊感、何とも言えず気持ちいい・・・
・・・そのまま意識が怪しくなる。軽いクリックアウトを繰り返す。
ナレーションが意識体を肉体に戻すよう促す。
ガイドと一緒に下に降りていくイメージをする。
下降の途中でも、意識が怪しくなり、軽いクリックアウトを何度か繰り返す。
何となく肉体に戻ってきたようである。
そのままナレーションに従い、C1帰還。

このセッションを聴いたのは本当に久しぶりである。
前回いつ聴いたのか、記憶が定かではないが、
下手をしたら1年以上聴いていないかもしれない。
非物質界でガイドと宙に浮かんで遊ぶという、なんとも他愛ないセッションだが
これが殊の外気持ちが良い。
セッション後半は、ほとんど意識があって無いような状態になってしまったが、
それだけ気持ちの良いセッションだ、ということなのだろう。

この浮遊感は癖になりそうである。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。