スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの9年

秋谷(横須賀市)の友人を訪ねる。
友人が秋谷に引っ越して以来、初めての訪問である。
以前、友人が恵比寿に住んでいた頃は結構頻繁に遊びに行ったものだが、
秋谷に移ってからは何故か足が遠退いていた。
秋谷という土地が嫌いなわけでは決してない。
嫌いになるほど秋谷のことを私は知らない。
友人からは、これまでに何度も遊びに来るよう誘われていた。
誘われてはいたのだが、訪問が実現することは無かった。
毎回、互いのスケジュールが合わなかったり、他の何かがあって、
友人の海辺の家を訪ねることは無かった。

ようやく訪問することが出来た。

恵比寿から秋谷に越して、まる9年になるという。
ということは、私は9年以上も友人を訪ねていなかったということか。
友人は私と妻のために、朝獲れたての生シラスを用意してくれていた。
それを食べながら、旧交を温める。
9年という年月を埋めるのに、時間はかからなかった。
まるで毎日のように会っている友人同士のように、話しが弾む。
穏やかな波の音を聞きながら、私が手土産に持って行ったウィスキーを飲む。
どんなに旨い料理よりも、この波の音は気の利いた肴になる。
友人も私も、この9年間、いろいろあった。
良いことばかりでは無い。忘れてしまいたいことも多々あった。
波の音を聞きながら、ウィスキーをぐいとやる。
芳醇なスコッチウィスキーの余韻が鼻腔をくすぐる。
そして友人と私の、それぞれの9年間の出来事は、
退いていく波とともに沖合へと連れ去られていく。

「来年はいい年になるね」
「うん、来年はいい年にしよう」

友人との最高に素敵な時間はあっという間に過ぎていき、夜になる。
また来ることを約束しつつ、友人宅を辞する。
「今度会うのは9年後、なんてことは無いよね」

ないない。
また来るよ、それもすぐに。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。