F27で・・・

今朝はx27でお土産に貰ったフリーフローF27を聴く。
このCD、最初に 「F27に移動してください(英語で)」 とナレーション
が入り、あとはヘミシンク音が勝手に変化していく。
そしてF27に着くと、「自由に探索してください」
これだけである。
そして、F27のヘミシンク音がひたすら続く。
最後に 「さあ、帰るよ」 とナレーションが入り、あとはヘミシンク音が
徐々にC1に戻る。
そしていつもの覚醒のブザーで終了である。
F27で何かをしようと思っている時には、煩わしい解説とかがない分、
手っ取り早くて良いと思う。

今回のF27セッション、特に目的もなく聴いた。
F27に行けば何かが起きるだろう、何かメッセージがもらえるだろう、
的な感覚で。

F27に到着。
向こうのモンロー研(TMI There)が見える。
草原の只中に、巨大な水晶が立っている。

DSC_1749.jpg


この辺のイメージは、現実世界のモンロー研とほとんど同じである。
水晶の前にある石のベンチに腰掛ける。
そして水晶を眺めながら、ほんわかとした空気を感じていると、
隣に二人の人物がやってきて、石のベンチに並んで座った。
ボブと高橋さんである。
なんだこの組み合わせは! と思うが、二人とも一言も喋らない。
ただ私の隣に座って、私と同じように水晶に向かい、ほんわかとしている。
小春日和の暖かな陽射しの下、三人で水晶に向かい日向ぼっこ。
誰も喋ろうとしない。
ただただ、ほんわかとしている。
その後も何も起きない。このままである。
ナレーションが帰還を知らせる。
そのままC1帰還。

今回の体験は一体何だったのだろう。
ボブが出てきたが、何の会話もなかった。
高橋さんが出てきたが、いつもの乱暴な言葉遣いでの会話もなかった。
三人で日向ぼっこをしただけである。
だが、すごく癒やされた感はある。
今回はF27に癒やされに行ったのかも知れない。
これはこれで、今の私に必要なことだったのかも知れないな、と思う。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード