470年後・・・?

ゴールデンウィーク真っ只中である。
何処に出かける用事も無い私は、睡眠時間だけはたっぷりととっている。
お陰で日頃の疲れが抜けた感じである。
というわけで、じっくりとヘミシンクを聴こうと思う。
ここのところ、F10やF12ばかりを聴いていたので、今日はもっと上の
フォーカスレベルを聴くことにする。
どこに行こうか・・・やはり久しぶりにF27にでも行ってガイドとコンタクト
しようか。
ベッドに横になり、ヘッドフォンを装着。
エクスプロレーション27でお土産にもらった、フリーフローF27を聴く。
このCD、ナレーションがほとんど入っていない。
波の音、レゾナント・チューニングのあと、英語で「F27で会いましょう」
そしてF27に到着すると、英語で「はい、あとは自由ね、どうぞお好きに」
全て自分で自由にやれるため、ある意味使いやすいCDである。

F27に到着し、ガイドを呼んで会話をしようとするが、気付くとC1だった。
見事にやっちまった。
なんだ、たっぷり睡眠を取って疲れが抜けたんじゃないのかよ、
と一人突っ込みをしてみるが、後の祭りである。
いつもと全く変わりない結果に少々不満を感じつつも、
特に用事もないのだからもう一回聴けば良いじゃん、ということで
再度聴くことにする。
今度こそ!

F27に到着。
ガイドを呼ぼうかと思ったが、何となくF34/35に行ってみたいと思う。
ガイドとのコンタクトからF34/35への探索に急遽変更する。
x27のときの感覚を思い出そうと試みる。
あの、海と、地球と、宇宙と一体になった感覚を思い出そうとするが、
どうしてもあの時の感覚になることが出来ない。
う~ん、久しぶりの所為かなかなかうまく行かないな・・・
そう思いつつも、例によって「つもり」「ふり」を試みる。
これはヘミシンクでの常套手段で、想像することで知覚のスイッチをonにする
という方法である。
自分がF34/35に行っている「つもり」になる、
F34/35にいる「ふり」をする。
・・・何も起きない。
もう少し「ふり」を続けてみる。
海と一体になった「ふり」・・・地球と一体になった「つもり」・・・
唐突に、ある情報が頭の中に飛び込んでくる。

2481年4月28日・・・

なんだこの日付は?
それっきり、情報も入ってこなければイメージも見えてこない。
そしてCDは無情にもC1への帰還をアナウンスしている。
仕方がないのでナレーションに従いC1帰還。

あの日付は一体何なのだろう?
今から470年も未来の日付・・・
その時、何があるというのだろう?
私に関係ある日付なのだろうか・・・未来の私に?
あまりに情報が少なくて(日付しか判らない)、何のことだかさっぱりである。
いずれ判る時が来るのだろうか。

今後の展開に期待♪

この記事へのコメント

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード