久々に過去世探求

今朝は久しぶりに「過去世探求」CDを聴いた。
理由は特にない。強いて言えば、何となく。
この「何となく」という感覚、私は結構大切にしている。
あまり深く考えずに行動する、と言う意味では軽率ともとれるが、
考えずに行動するからこそ、邪念や私利私欲にまみれない選択が出来る。
と言うわけで、今朝は「何となく」過去世を探求することにする。

ナレーションに従いリラックスしていく。
毎回聴くたびに思うが、ナレーションが、
「吸った息を目から吐き出してください・・・」みたいなことを言う。
目から息を吐き出す、というのは当然ながら比喩であり本当に目から
息を吐き出すことは出来ない。
だが、それを想像しつつ息を吐くと、本当に目から息が吐き出されて行くような
感覚になるから不思議である。
そして目から息を吐き出すと、本当にリラックスしてくるのだ。
目から息を吐き出しつつ、全身を十分にリラックスさせて、
いよいよ過去世へ移行する。

ナレーションに従い、何処かの生に移行する。
ここはどこだろう・・・足下を見る。
靴を履いている。よく磨き込まれた革靴。
視線を徐々に上に持って行くと、黒いスーツを着ている。
時代は19世紀後半か、20世紀前半あたりだろうか。
場所は・・・ヨーロッパの何処か、の気がする。
自分の傍らには、長い金髪を後ろで結んだ美しい女性が立っている。
この女性は私の彼女?それとも妻?
二人で歩きながら話をしている。
何を話しているかは分からない。そこには意識が向かなかった。

ナレーションが時代を少し進めるよう言っている。
自分では時代を進めたつもりだったが、風景は変わらない。
相変わらず私は金髪の女性と歩いている。
すると、前方から一人の女性が歩いてくる。
近付くにつれて、輪郭がはっきりしてくる。
顔が見えた時、びっくりする。
なんと、17年ほど前にいた会社の女性社員(Tさん)ではないか!
なぜTさんが突然現れたんだろう?
その会社にいた頃も別段仲が良かったわけでもなく、会社を辞してからも
今日まで一度も会うこともなかった。当然、思い出すこともなかったのに。
そして場面がガラリと変わる。
私とTさんがベッドに寝ているのである。
ふたりとも裸である。
なんだ何だナンダ?
何でこういう展開になる?
非物質界でのこの展開に少々戸惑いを感じつつも、気持ちは何となく
充実している。
とても穏やかな、それでいて安心感のある、なんともリラックスした感じだ。
しかし私は過去世にいる筈じゃないのか?
どう見ても、いま体験している状況は現代である。
Tさんは17年前と変わらぬ感じなので、時代が違ってもせいぜい17年前か。
そんなことどうでも良いか・・・
何だか分からないが、私は再びTさんの上に覆い被さっていく・・・

ナレーションがきこえる。
この時代の自分が死ぬ場面まで進むよう言っている。
が、もうほとんど内容が耳に入ってこない。
入ってきていても、理解できない。
そのまま意識が微睡んでいく。
気付けばCDが終わっていた。

今日の体験は何だったのだろう?
なぜ唐突に17年前の知り合いであるTさんが私の過去世に現れたのか。
そして何故、私はTさんと寝たのか。
今こうして体験の記録を綴りつつ、何となく罪悪感のようなものと
淫靡な感覚とが綯い交ぜになったような気分になっている。
良いのかよ、こんなことしちゃって・・・みたいな。

いったい私はこの体験から何を学ぶというのだろう?
皆目わからない。
気付きの片鱗すら見えてこない。

この続きはどうなるのだろう。
観たい気持ちもあるが、ちょっとやばい気もしないではない(笑)

この記事へのコメント

おめでとうございます! - みかん - 2012年06月07日 22:47:39

大変お久しぶりです!
記事と関連の無いメッセージで恐縮です・・(^-^;)
アクアビジョンのメールマガジンを本日読んでいて「ホントに!?」と驚きつつ(笑)、
「ついに、念願を果たされたんだわ!・・jazzさん、偉いっ・・!」と、心からお祝いを贈りたく。
正式なトレーナーとして認定を受けての活動をなさるのですね★ 
おめでとうございます! 
オフ会で初めてお会いした際に「jazzさんは、トレーナーになりたいのではありませんか?」と・・感じていた印象をお伝えした時のことを思い出しまして・・。夢を実現なさったのですものね・・素晴らしいです。
セミナーを通じてますます多くの方が、jazzさんのお人柄を慕うことと思います♪
お体だけはご自愛なさって、公私ともにさらなるご活躍をおいのりいたします。
もう一度言わせてください。「本当におめでとうございます★」

- jazz - 2012年06月08日 05:34:23

みかんさん
たいへんご無沙汰してます。
メッセージありがとうございます。
おかげさまで、幾多の紆余曲折を経て、ようやくトレーナーになることができました。
これからがスタートだと思い、日々精進していきたいと思います。
そのうち機会を見て、オフ会もやりたいと思っておりますので、そのときに目にかかれるのを楽しみにしております。

jazz

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード