スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の選択肢

今朝はF27をじっくりと探索してみようと思う。
x27でもらったお土産CD(フリーフローF27)を聴く。
準備のプロセスを経てF27に到着、フリーフロー開始。
私の最近のF27でのイメージは、向こうのモンロー研(TMI/There)
にある巨大水晶の前からスタートする。
巨大水晶の前にある石のベンチに座ってリラックスしているシーンから
私のフリーフローF27はスタートするのだ。
今日は、自分がなぜ今回、この時代に今の自分として生まれてくることを
選んだのか、その過程を見てみたいと思う。
その思いを自分の中から解き放つと、心の中にイメージが湧きだしてくる。
イメージ、というよりも情報の塊、と言った方が良いだろうか、
一瞬で答えのようなものが自分の中で理解されている状態。
それを順を追って文章にしてみると、大方次のような内容である。

私は今回生まれてくるにあたり、3種類の選択肢があった。
一つ目はヨーロッパにて裕福な家庭に生まれ、何不自由なく過ごす。
経済面の心配は皆無だが、孤独な人生となる。
二つ目は、たぶんアフリカの何処かで国内紛争に巻き込まれる人生。
そして三つ目が、日本で意識変化をテーマに生きる人生。
3つの選択肢はそれぞれ異なった人生ではあるが、どれを選択しても
共通のテーマの元に生きることになる。
その共通のテーマとは、「繋がり」について学ぶ、と言うもの。
一つ目のヨーロッパの裕福な人生では、経済面では恵まれているが
なぜか人間関係には恵まれない。
その理由がどこにあるのかは分からないが、孤独感、孤立感を常に感じながら
一生を過ごしていく。
その孤独感ゆえに、人との繋がりについて様々な学びを得ていく。
二つ目の国内紛争に巻き込まれる人生では、同じ国民同士が敵対することで
多くの犠牲が出る。その只中で、争いの無益さ、人との絆の大切さを学ぶ。
三つ目の人生は、二つ目の人生とは対照的に平和な国に生まれ育つ。
外観上平和に見えるが、実は水面下には様々な争いがあることを体験する。
その中で、人と人との意識の繋がりが如何に大事かを学んでいく。

そして私は三つ目の人生を選んだ。
なぜ三つ目の人生を選んだのだろう?
そう思っていると、ふと心に浮かんできたのは次のようなものだった。

お前は孤独も争いも嫌いだろ・・・

ガイドの声だろうか、はたまた自分の内なる声だろうか。
誰の声かは別にして、そう言われてみれば確かにそのとおりである。
だが、そんな自分の好みで選んでしまって良いのだろうか。
そう思っていると、またもや心にフレーズが浮かんでくる。

今までも、常にお前は自分の好みで人生を選んできてるぞ・・・
お前だけじゃない。みんなそうだ。
自分の好みで選ぶというのは、自分が学びたい内容を選ぶと言うことだ。
だから好みで選べば良いんだ・・・
人によっては敢えて辛くて厳しい人生を選ぶこともある。
だがそれが、その人の好みなんだ。
だからその人にとってはそれで良い。
いずれにしても、自分で選んだ人生だ。精一杯楽しんで生きるが良い・・・

ナレーションが帰還するよう言っている。
ヘミシンク音に従い、ゆっくりとフォーカスレベルを戻る。C1帰還。

人と人との意識の繋がりについて学ぶ。
それが今回の私が人生のテーマとして選んだものらしい。
確かにその通りの人生を歩んでいるように思う。
そのために今の時代を選んで生まれ、ヘミシンクを知り、それを自分自身の
探求のツールに止めることなく、より多くの人にその可能性を広めようと
している。
それもこれも、生まれてくる前から自分が計画していたことなのか。

知れば知るほど、面白い。

この記事へのコメント

jazzさん、こんにちは。 - MID - 2012年06月10日 16:15:42

きっと、生まれる前に計画センターで計画していたのでしょうね。

それで、3つの選択肢があったという部分が妙にリアルに感じます。(僕も計画センターでは色々な選択を迫られましたから…)

『計画通りに事が進んだ』とするならば、この先もまた楽しみですね。

是非、多くの人達にヘミシンクを広げて頂きたいと思います。

ファイト~!!

MIDさんへ - jazz - 2012年06月18日 05:32:24

MIDさん
リプライが遅くなり申し訳ありません。
人生の計画を生まれる前にしている・・・
F27の計画センターでの出来事なんでしょうが、
どの選択肢をとっても、それなりに大変そうな人生なんですね。
それでも自分で選んだ人生なので、泣き言を言いながらも
生きていくしかないんでしょうね。
これから先、どんな人生になっていくか・・・
楽しみですね♪

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。