Soul Station

over the border, go back to my soul.

 

火星で何か起きたか


Category: 徒然書き   Tags: ---
mission_to_mars020.jpg


あまり話題にならなかったが、お気に入りの映画をご紹介したいと思う。

「ミッション・トゥ・マーズ」である。

2003年アメリカ映画、主演は「CSIニューヨーク」のゲイリー・シニーズ、
「ショーシャンクの空に」のティム・ロビンス。
内容はこれから観たいと思う方のために敢えて公表は控えるが、
なんとも壮大なストーリーである。
なんだろう、SF映画であり、サスペンス映画であり、そして叙事詩でもある。
賛否両論ある映画であり、興行的には失敗作と言えるのかもしれないが、
当たった映画が良い映画、ということでもないことが良く分かる。

私はこの映画を観て、モンロー研の宿泊型プログラム「スターラインズ」を
思い出した。まさにそんな感じ。
火星という比較的身近な宇宙での物語は、SFでありながらも
本当にあり得ることのようにも感じてしまう。

この年末年始に、じっくりと味わいたい1本である。
是非お勧めしたい。


Comments

Leave a Comment



09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

08

10


 
soul station について
物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。
 
プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

Archive   RSS   Login