「戦う」というフレーズがいかに多いことか

最近、というかここ数年だが、よく思うことがある。
日々の生活の至る所に「戦う」「争う」「勝負する」みたいなフレーズが
溢れかえっている。
受験生を捕まえては「この夏が勝負だ!日々是決戦」と発破をかける。
恋愛では「勝負パンツ」をはいてカレとデート。
会社では今期目標達成のため「戦略会議」を毎週開催。
病気になれば「病魔と闘い」打ち勝って回復する。
家ではお父さんと子供が観たいテレビで「チャンネル争い」
ダイエットは「自分の意思との戦い」
大学のつまらない講義では「睡魔と戦う」
安売り日本一への「挑戦」
なんでもかんでも勝ち負けに拘るからこういうことになるのだろう。
良いではないか、勝たなくても。
勝つものがいるということは、負ける者も居るのだ。
それよりも、共存共栄を目指す方が良いとは思わないか。

そろそろ、価値観そのものを変えるべきときなのではないだろうか。

この記事へのコメント

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード