フリーフローF49

SL.jpg


小淵沢では「スターラインズ2」まっただ中である。
3日目の今日は、F42とF49を中心に探索。
今日最後のセッションはF49のフリーフローである。
F49では、銀河系のコアに行き、そこにあるスターゲートを越えることができる。
前回参加した最にもスターゲートを越えてはいるが、半分寝ているような状態だったせいか
あまり記憶に残る体験ができてはいなかった。
今回はスターゲートを越えて、その向こう側の世界がどうなっているのか
是非とも見てみたいものだと、大いに期待してセッションに望んだ。

F49に到着。
さっそくフリーフロー開始。
スターゲートを越えてみたいと思うが、一人で越えるのは何となく心細い。
そこでガイドにヘルプを願い出る。
やってきたのは高橋さん。

高橋さんというのは、私のガイドの一人で、ガテン系のオヤジ姿をしている。
そして言葉遣いがまことによろしくない。
だが、今までにも多くの場面でいろいろと助けてもらっており、
私にとっては掛け替えのない素晴らしいガイドである。
そのガイドの高橋さんがF49にやってきたのだ。

「ようようよう、F49まで来やがって。こんなところまで俺を呼び出して何しようってんだ?」
「なんか悪いことをしようとしてるみたいに聞こえるから、その言い方やめてくださいよ」
「まあ良いじゃねえか。で?」
「スターゲートを越えてみたいんですけど」
「おまえ、チャレンジャーだね、越えちゃいたいってか」
「だって、ここまで来たらやっぱり向こう側を見てみたいじゃないですか」
「まあ、そりゃそうだな。じゃクラスターカウンシルに確認してみるか」
ということで、スラスターカウンシルに「スターゲートを越えていいか」と確認する。

返事は、
「いいんじゃないの、前にも越えてるし。でも今回はせっかくだから、高橋も一緒に
行ってやれば」
というもの。

「おいおまえ!なんで呼びすてなんだよ、どうでもいいけど」
高橋さんは、クラスターカウンシルに対しても態度がでかい。
高橋さんの良いところは、誰に対しても一様に態度がでかいところだ。

「さ、行くぞ」
高橋さんは私の前を率先して歩いていく。
見ると、目の前に軽トラックが止まっているではないか。
「え、た、高橋さん、まさかこの軽トラでスターゲート越えるんですか?」
「なんだ、なにか文句あるのか」
「いや、文句はないですけど、スターゲートを軽トラって・・・・・・」
「何を今さら言ってんだ。いつだってどこだって、この車で行ったじゃねぇか。わかったら乗れ」
私と高橋さんは、ふたり仲良く軽トラに乗って、スターゲートを越えた。
一瞬、目の前がまばゆいばかりの光に覆われたかと思うと、突然世界は真っ白な空間へと変わった。
何もない真っ白な空間が四方八方に広がっている。
なんだここは・・・・・・

そう思うが、そのすぐ後で、とんでもない情報の塊が一瞬にして私の頭の中に流れ込んできた。
ここは私自身の内なる世界・・・・・・
その内容はあまりに荒唐無稽で、あまりに私の表現力の限界を超えていて、
とてもじゃないが言葉で言い表すことができない。
ただ自分としては、
「なるほど、そういうことか」
と理解はした。
理解はしたが、それを言葉でうまく言い表すことができない。
もう少し、自分の中でこの情報を咀嚼してみる必要がありそうだ。

「さ、もうそろそろいいだろ」
高橋さんがそういうと、軽トラはもと来た道(?)を戻り始めた。
ふたたびF49。

その後、ナレーションに従い、C1帰還。


ヘミシンクで銀河系コアのスターゲートを抜けてみたら、そこは自分の内側だった。
その内容について、もう少し詳細に情報を得てはいるのだが、なんともうまく表現できない。
ただ自分としては、非常に腑に落ちる内容ではある。

もう少し、この内容について自分なりにかみ砕いてみて、
うまく表現できそうになったら、再びブログにアップしたいと思う。

今日のところは、この辺で・・・・・・

この記事へのコメント

soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード