Soul Station

over the border, go back to my soul.

 

父が会いに来てくれました


Category: 未分類   Tags: ---
久しぶりに、父と会いました。

父が亡くなって3年半。
この間、何度か会いました。
ヘミシンクを使って私から会いに行ったり、
夢の中で父から会いに来てくれたり。

今朝はこんな感じ・・・

4時前に目が覚めた。
コーヒーを入れ、机に向かう。
ここ1年くらい、こうして朝早く起きて仕事をしている。

が、今朝はなんだかいつもと違う。
なかなか調子が出てこない。
調子が出てこないどころか、異様に全身がだるい。

隣の部屋では、息子が友達とSkypeでしゃべっている。
夕べ私が寝る前からずっとだ。
もうすぐ夜が明けるというのに、まだしゃべっている。
しゃべっているだけではない。オンラインゲームをしているのだ。

ああ、だるい・・・・・・だるくて、眠い・・・・・・

ふと、息子の部屋のドアが開く。
中から息子が出てくる。
一緒にもう一人、小柄な人影が出てくる。

息子はSkype越しに友人と話していたのではなかったのか。
息子の部屋に友人が遊びに来ていたようだ。
その友人が帰るので、部屋から出てきたようだ。
息子の後ろにくっつくようにして出てきた人影を見て愕然とする。

父だ!

父がニコニコしながら息子の後ろに付いてくる。
父に近づくと、妙に小さい。
まるで子供のようである。

そんな父に「随分と小さくなったな」と声かけると、
父は何も言わずに微笑む。
そして、玄関に向かう階段を降りはじめる。

何故か階段を降りる父は、晩年足腰が弱った父の姿になっている。
手摺りに掴まりながら、一歩ずつゆっくりと降りていく。
思わず息子に「ほら、おじいちゃん手伝ってあげろよ」と声をかける。

息子の手助けを受けながら、やっとのことで階段を降り、
父は玄関から出て行く。

玄関から外に出た父は、小学生になっていた。
ランドセルを背負い、こちらを見ながら歩いている。
そんな父に「またいつでも会いに来いよ、いつでも。待ってるから」
と声をかける。

何も言わずに微笑むと、小学生の父はそのまま雑踏に紛れていった・・・・・・


気付くと、机の前。
そのまま意識を失っていたようだ。
隣の部屋からは、相変わらずSkypeで友人と会話する息子の声。

なんだか無性に涙が溢れ出てくる。
父が会いに来てくれた。
ほんの一瞬、私の心の隙間に現れた父。

何を言いたかったのだろう?
ただ理由もなく現れたのか?

さまざまな姿を見せた父だったが、その全てで父は笑っていた。
なんだか分からないが、無性に泣けてくる。

男親と息子の関係よろしく、我が家もご多分に漏れず
私が成人してから以降は、父と多くの会話はなかった。
仲が悪かったわけではない。
だが、身近な存在だったせいか、いつでも会話できると思っていた。
いつでも・・・・・・

やがて父は年老いて、アルツハイマーになった。
もう会話どころではない。
そのまま、親子の会話らしいものもせず、3年前に亡くなった。

別にそんなものだと思っていた。それが普通だと思っていた。
だが今朝、始終笑顔の父の姿を見て、

もっといろいろ思い出を作っておけば良かった。

心の底から思った。
今さらなにを、とも思う。
思うが、それでもあふれる涙とともに、そんな思いがわき出てくる。

今朝の父との邂逅は、私の心に何かを残していった。
それが何なのか、明確なところは分からない。
そのうち分かるのか、分からず仕舞いなのか・・・・・・

ただ、今は私の心は感謝の気持ちでいっぱいである。


Comments

Leave a Comment



09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

08

10


 
soul station について
物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。
 
プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

Archive   RSS   Login