来たるべき時代の幕開け

今日のリコメンド。

In A Silent Way


In A Silent Way
by Miles Davis (1969)

60年代も終わろうとするこの時期に、
とんでもないアルバムがリリースされた。
それが今回ご紹介するマイルスの問題作「In A Silent Way」だ。

お聞き頂ければ分かるが、
これまでのJAZZとは、何かが違う。

50年代のハードバップ全盛期から、
JAZZはより新しい方向性を常に模索し続けてきた。
その答えがモードジャズであり、ファンキージャズであり、
そしてフリージャズなわけだが、
60年代後半に入り、それらも行き詰まりを見せ始める。

また、その当時、エレキギター、エレキベース、エレキピアノといった
電子楽器が登場し、それらをいち早く取り入れたロックが
世界を席巻し始める。

そんな中、リリースされたのが本アルバムである。
基本的にはモードジャズの延長といえなくもないが、
アプローチが明らかに違う。
おまけに、電子楽器を大胆に取り入れることにより、
いままでのどちらかと言えばコンサバティブなジャズのイメージとは違う、
新しさを、音の随所に散りばめた「ヘンなジャズ」アルバムなのだ。

発売当初、様々な議論が交錯したことは想像に難くない。
ただ、賛成反対含め、すべての人がおしなべて認めざるを得ないのは
新しい方向性が示されたアルバムである、ということ。

この「ヘンなジャズ」アルバム発売の翌年、マイルスは
全世界を驚愕させる伝説のアルバム「Bitches Brew」をリリースする。
Bitches Brewは、今や完全にひとつの音楽ジャンルとしての地位を
確立している「フュージョン」の幕開けと言われたアルバムだが、
その前年にリリースされた「In A Silent Way」に、
すでにその片鱗が垣間見えているのである。

そう言う意味では、
正確にはこの「In A Silent Way」が、フュージョンシーンの幕開け、
といえるのではないだろうか。

一聴の価値ある、ジャズの歴史に残る名盤であることは間違いない。

★今回はヘミシンクとは関係ない書き込みですが、
 たまにはご容赦くださいませ。

ノンヘミで入ってくる情報

最近、ヘミシンクを聴いているときだけではなく、
普通に生活しているときに入ってくる情報量が増えている気がする。

というより、今までも同じように情報は入ってきていたのだろうが
私自身がそれらを「情報」として認識できなかった・・・・・・のだろうと思う。
そういう意味では、情報量が増えたというのは誤った表現である。

たとえば。

今日はものすごく暑いな、とか思いながらの帰り道。
ふと西の空を見上げると、そこには見事な彩雲。
そのあまりの美しさに心が緩む。

今日1日の、あのギスギスしてささくれ立った心の外周が
少しずつ滑らかになっていく。
そしてふと思う。

やっぱり地球は美しいな・・・・・・

で、このとき気づく。
ふと空を見上げた行為そのものが、メッセージだったんだということに。
ふと空を見上げたとこで、あんなにざらついていた心が和んでいく。

そして仕舞いには、
いやぁ地球って素晴らしい!
俺はその地球の一員でいられることがこの上なく嬉しい!
とか思ってしまっている。

それを気づかせるためのメッセージ。
暑い1日と、夕空の見事な彩雲。


以前なら、これが何らかのメッセージだなんて思うことはなかった。
だが今は違う。これは紛う事なき私に対するメッセージだ。

暑い1日と、夕空の彩雲。
そんなにギスギスしなさんな。
もっと肩の力を抜いて、ラクにいこうじゃないか、な!

取って付けたようだって?
かもしれないが、それでもいいのだ。

メッセージなんて、そんなものだ。

新しい仲間


1966989.jpg


私の所属するアクアヴィジョン・アカデミーに
新しいトレーナーが誕生しました。

札幌在住の「吉田公明」さんです。

今後、札幌を中心にヘミシンク・セミナーを開催していきます。
札幌周辺、北海道内にお住まいの方は、是非「Kimi」さんのセミナーに
ご参加ください!

先日、Kimiさんと飲む機会がありましたが、お話しするほどに
人柄がにじみ出てくる、本当に素晴らしい方です。
これから北海道がどんどん盛り上がっていくのを、
Kimiさんを通して感じました。

ますます盛り上がるヘミシンク、ワクワクが止まりません!

詳しくは以下にアクセス
http://www.aqu-aca.com/contents/information/post-90.html

本を書きました!

前々から書きたいと思っていた本が、ようやく完成しました。

タイトルは
「軽トラでやってきた神さま」

軽トラでやってきた神さま

私がヘミシンクを始め、ガイドに出会い、
さまざまなやりとりをしてきた過程と、
そこから得られたたくさんの気付きを
1冊の本にギュッと詰め込みました。

妻ひとり、子ひとりの、しがないサラリーマンが
ヘミシンクと出会い、何がどう変化していったのか、
あなたにもきっと、参考になる内容があると思います。

2月7日発売予定。
ただいまAmazonで予約受付中です。
よろしければポチッと!

http://www.amazon.co.jp/dp/4892959936/

あけましておめでとうございます。

始まりました、2015年。
本年もよろしくお願いします。

昨年(2014年)は「行動の年」という目標を掲げ、

何はともあれ行動を起こそう!

ということで、自分の感性に従い、どんどん行動を起こしていきました。

その結果、いろいろなことが「行動の結果」として
起き始めています。
当然、それらはまだ「変化の兆し」に過ぎませんが、
それでも何か大きな変化を予感させるに足るものもいくつかあります。

そこで、今年、2015年は

「成果の年」

ということで、昨年の行動から起き始めているさまざまな変化を
大きな成果へとつなげていく1年にしたいと思っています。

さあ、どんな1年になるか・・・・・・

とてもワクワクします♪

体験を消化中♪

スターラインズ2から帰ってきて早1ヶ月が過ぎようとしています。
ただいま体験の消化真っ最中です。
やはりF49での体験は、なかなか消化しきれません(笑)

じっくりと、じっくりと・・・・・・

日々、普通に生活している中で、ふとした気付きがあります。
「あ、これってそういうことか」と。
こうして少しずつ消化が進みます。

そして、体験したときには意味の分からなかったことが
僅かずつではありますが分かってきます。

面白い♪

じつは、この「少しずつ分かってくる」というのも
ヘミシンクの醍醐味なんですね。

明日はヘミシンク説明会です!

DSC_0224 のコピー


明日20日は、神楽坂ヘミシンクセンターで説明会です。
これはヘミシンク初心者を対象にした2時間ほどの説明会で、
ヘミシンクってどんなもの?
をわかりやすく説明します。
また、セミナーやCDについても説明しますので、
興味はあるが何から始めたら良いか分からない・・・・・・
という方も、是非ご参加ください。

詳細は以下。
http://www.aqu-aca.com/seminar/miniworkshop/

みなさんのご参加をお待ちしています♪

「戦う」というフレーズがいかに多いことか

最近、というかここ数年だが、よく思うことがある。
日々の生活の至る所に「戦う」「争う」「勝負する」みたいなフレーズが
溢れかえっている。
受験生を捕まえては「この夏が勝負だ!日々是決戦」と発破をかける。
恋愛では「勝負パンツ」をはいてカレとデート。
会社では今期目標達成のため「戦略会議」を毎週開催。
病気になれば「病魔と闘い」打ち勝って回復する。
家ではお父さんと子供が観たいテレビで「チャンネル争い」
ダイエットは「自分の意思との戦い」
大学のつまらない講義では「睡魔と戦う」
安売り日本一への「挑戦」
なんでもかんでも勝ち負けに拘るからこういうことになるのだろう。
良いではないか、勝たなくても。
勝つものがいるということは、負ける者も居るのだ。
それよりも、共存共栄を目指す方が良いとは思わないか。

そろそろ、価値観そのものを変えるべきときなのではないだろうか。

古神道とヘミシンク

古神道の講話会に行ってきました。
そもそも私、バリバリの理系人間、反教条主義者でして、
そういう意味では宗教はもちろん、神道についても全く興味の対象外で
生きて参りました。
それが科学的かどうかは兎も角、自分が納得できないことは信じない。
というスタンスでこれまでやって来た私が、何故古神道?

たまたまヘミシンクのトレーナー仲間でもあり、信頼のおける友人の
たつぞうさんから「面白いから1回来てみない?」と誘われたのをきっかけに
何の気なしに参加してみたのが先月。

正直、目から鱗でした。

神道の考えにある様々なものが、とても自然に自分の中に吸収されていく感じです。
例えば、禊ぎ(みそぎ)という言葉には

・水注ぎ(清める)
・身削ぎ(体内の古い不要なエネルギーを排出する)
・霊注ぎ(新しい有用なエネルギーを取り込む)

という意味が込められているとのこと。
神道の流儀ではこれを水を使って行うそうですが、何かに似てると思いませんか?
そうです。リリース&リチャージです。

自分の意識の内側にある不要な恐れや不安を解放し、新鮮で有益なエネルギーを
取り戻す・・・そういうセッションですね。
クリーンな自分を取り戻すことで、様々な体験が出来るようになっていく。

そういう意味では、禊ぎとそっくりだな、と思いました。

方法やプロセスは全く違っていても、求めるものは意外と似たものだったりする。
古神道の講話の中には、こういったヘミシンクとの共通点が幾つもありました。
これからも機会をみてご紹介していきたいと思います。

新年のご挨拶

謹賀新年2014。

去年は変化の年、という印象を年初に受け取った。
どんな変化が起きるのだろう、と半ば受け身に1年間過ごしてきたが、
然程大きな変化は起きなかった。

当然である。

何もせず、変化を期待して只刻を過ごしていたとて何も変化など起きるわけがない。
変化というのは行動の結果である。
行動なく変化はあり得ない、ということを実感できた1年。
それが昨年だったように思う。

勿論、何一つ事をなさず漫然と1年間を過ごしたわけでは決してない。

ただ期待した変化に対し行動が些少であった、ということだろう。
変化が起きるためにはこれだけの行動が必要だ、というのが判ったわけではない。
何をどれだけやれば、どんな変化が起きるか、それが分かるほど行動を起こさなかった。
結果、これだけの行動では変化は起きない、というのは多少分かった気がした。

何も行動しなければ、何も変わらない。
ほんの少しだけ行動するだけでは変化は起きないが、兆しは感じられる。
そこそこ行動すれば、変化の萌芽くらいは顔を出すかもしれない。
だが、大きな変化が起きるにはどれだけ行動すれば良いか、が分からない。

今年はそれを実感する1年にしたいと思う。
行動、実行の年。2014年。

本年も宜しくお願いします。
≪PREVNEXT≫
soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード