スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんとうに安い買い物って、なんだろう?

我が家のパソコンはMacです。
ここでは敢えてMacの良さについて説明はしません。
使ってみれば一目瞭然で、その良さに意義を唱える人はそう多くはないでしょう。

でも、その良さを言葉で説明しようと思うと案外難しい。
どんなに言葉を尽くしても、Macの良さはなかなか伝わらないんです。
性能的にはWindowsPCの方が上だとか、使えるソフトが多いだとか・・・・・・

Macの良さは、そういう「言葉」で説明できないところにあるのかもしれません。

そんな私でしたが、仕事の関係でどうしても必要なソフトがあり、
そのソフトがあろう事かMacに対応していなかったんです。
こうなると、Macが良いとか、Macが好きとか、そういう次元の話ではなくなります。

私はその「Windows専用」ソフトのためだけに、WindowsPCを購入しました。
買うとき、どこのメーカーにしようか迷いました。
あるソフトを使うためだけに買うのだから、性能なんて考えず、安いの買っとけば?

心の中からは、そんな声が響いてきてました。

でも、ネット販売で買える、海外メーカーの安いモデルはどうしても嫌でした。
以前、妻のためにPCを購入する際、安くてそこそこのスペックのものを探していると、
ネット販売メインの海外大手PCブランドの製品が見つかりました。

国内メーカーと比べて、かなり安い!デザインも悪くない。買いだな・・・・・・

オーダーし、製品の到着を待ちました。
数日後、届いたPCは電源を入れても動こうとしないDOA(Death on Arrival)状態でした。
さっそくサポート窓口に電話すると、片言の日本語しか話せない人が出ました。
そして、症状を説明しても、なかなか的を射ない受け答え・・・・・・

だんだん私も苛ついてきて、すぐに交換してほしい、と伝えました。
すると、電話の向こうの担当者は、すぐには無理だと言います。
明日から春節の休みに入るから、工場がストップするため、休み明けでないと対応できない。

自分の耳を疑いました。
私は日本で、日本のネット通販サイトからPCを購入したはずなのに、
電源すら入らない不良品を送ってよこし、挙げ句の果てには日本人には全く関係ない
その国の慣習のために代替え品を送る手配すらできない。

開いた口がふさがらない、とは、こういうときに使う言葉だな、と思いました。

普段は滅多に感情的にならない私ですが、そのときはさすがにブチ切れて
不良交換じゃなくて「返品」にしますから、返金手続きをお願いします。
ということで、さっそく別メーカーのPCを買い直しました。

とまあ、こんな経験があるので、安い海外製品は怖いのです。

そして、値段は高いけれども国内メーカーのPCを購入しました。
そのPCですが、外部出力(HDMI)が不安定なようで、外付けのモニタをつなぐと
モニタ画面が時々消えたります。
数秒で元に戻るときもありますが、そのまま消えたままになり、モニタの電源を入れ直さないと
画面が写らないこともしばしば。

これは困ったな・・・・・・
仕事の関係で、あるソフトを使うために購入したPCなので、
修理に出してしまうと、戻ってくるまで仕事ができなくなります。
かといって、別にもう1台買うなんてことはあり得ないし、どうしたものか・・・・・・

悩んでいても仕方がないので、思い切って修理に出しました。

月曜の午後に宅配業者が取りに来て、修理完了で戻ってきたのが水曜午後。
なんと、行き帰りの輸送時間を含めても、たったの48時間です!
正直、あり得ない早さです。本当にびっくりです!

戻ってきたPCは、しっかりと治っていました(当たり前ですが)

このとき、国内メーカーがなぜ高いのか、理解しました。
こういうときのための体制までしっかりと整備しているためだったんですね。
この安心感のために、サポート窓口まで海外に置いて徹底したコスト削減を図っている
海外メーカーよりも高いんだ・・・・・・

何かあって、はじめてわかること。

本当に安い買い物というのは、値段だけではない要素まで考慮しないとわからない。
そんな経験をしました。

え?私?
私は値段が高くても、こういう安心感まで考えて、これからも国内メーカーを買いますよ!
それが本当の意味で「安い買い物」だと思うから。

長文御免。

国宝の中空土偶と会話する

今日は函館に来ています。
先々週、ふと思い立ち、日帰りでも良いから函館に行きたい、と思いました。
そして飛行機を押さえ、こうして函館にやってきました。

別に、何かしたいことがあったわけではなかったんですが、
なんとなく函館に行きたいな、と漠然と思ったので、妻に
「今度日帰りだけど、函館行くけど、行く?」

行く行く行く!
そして私のことはそっちのけで、自分で行きたい場所を物色しはじめました。
その中に、「中空土偶」というのがありました。

妻が言うには、北海道で唯一の国宝に指定されているたいへん有り難い土偶なんだそうで、
中が空洞になっているため、中空土偶というのだそうです。
国内には国宝指定された土偶が5体あり、そのうちのひとつなんだそうです。

なんだかよく分かりませんが、有り難い土偶さんらしいっす。
土偶もさることながら、なんだかやたらと土偶に詳しい妻が妙に不気味です・・・・・・

というわけで、函館空港に昼頃到着した私と妻は、
レンタカーを借りて土偶の待つ函館市縄文文化センターを目指しました。
車で走ること40分。山の中にその建物はありました。

人もまばらな館内には、縄文土器や鏃などが数多く展示されています。
その一番奥の展示室に、彼はひっそりと佇んでいました。
なぜか真正面に椅子が置いてあります。ここに座って私を見ろ、と言わんばかりに。

他のお客さんも少なかったため、私はその椅子に座りました。

本当に真正面です。
座って中空土偶さんをじっと見つめているうちに、ちょっと交信してみたくなりました。
目を閉じ、数回深呼吸をして意識を落ち着かせ、フォーカス12をイメージします。
静かに目を開けて、ぼんやりと中空土偶を見ると、
なんとなく全体がオーラのようなものに包まれているような感じがしました。

しばらくぼんやりと見ていると、なんとなくメッセージが入ってくるのが分かりました。
気付くと会話のキャッチボールをしていました。

私:あんた、人間かい?それとも宇宙人?
土:土偶だよ!土のかたまり。見たまんま。
私:なんで中空なの?
土:儀式に使われるためだよ。
私:どんな儀式?
土:・・・・・・
私:なんか言ってくれよ。
土:・・・・・・
私:無視すんなって!
土:時間を旅するのさ。
私:時間を旅するって、あんたタイムマシーンかよ。
土:非物質的にだよ、おまえさんたちもやってんだろ。あれと同じさ。

みたいな感じのやりとりをしていると、他のお客さん(団体さん)がぞろぞろと・・・・・・
これ以上のコンタクトは無理でした。

なんだかよく分かりませんが、中空土偶は時空を超えた体験をする儀式に
使われる道具のようなものだったらしいです。
どのように使われたのか、またなぜ中空なのか、そこまでは分かりませんでした。

ただ、今回なんとなくここ函館に来たいと思ったのは、
この中空土偶に会うためだったように思えてきます。

そのうち落ち着いて時間をとって、また来たいと思います。
そろそろ帰りの飛行機が出ます。

ああ楽しかった♪

【新コース】ETコンタクト・コース、始まります!

ETコンタクト・コース


アクアヴジョン・アカデミーのヘミシンク新コース

「ETコンタクト・コース」

10月に登場です!

このコースは、ヘミシンクを使って地球外生命体と非物質界でコンタクトを試みます。

ヘミシンクの生みの親であるロバート・モンローは、
地球の周りの非物質界には数多くの地球外生命体(ET)が集まっている、と言っています。
モンローはこれを「大集合(Gathering)」と呼びました。

このコースでは、数多くのETの中でも、自分と関連の深い生命体とコンタクトします。
それにより、さまざまな情報を得ることができるでしょう。

※本コースは、ヘミシンクを使って「非物質界」でETとコンタクトします。
 物質界でのコンタクトを試みるものではありませんのでご注意ください。


10月の青山を皮切りに、日本全国で開催されます。
各地域とも、参加人数に制限がありますので、参加ご希望の方はお早めに申し込みください。

ちなみに私は初回(青山)で坂本さんのアシスタントを担当します。

ETコンタクト・コース
10月2日(日) 10:00~18:00 @青山ヘミシンクセンター

お申し込みはこちらから
http://www.aqu-aca.com/seminar/contact/

9月に札幌でエクスカージョンワークショップやります!

sapporo-450.jpg


北の大地、札幌でヘミシンク入門コース 「エクスカージョンワークショップ」 やります!

このコースは、アメリカ・モンロー研究所の公式プログラムで、
ヘミシンクをはじめて体験する方向けの 「入門コース」 です。

土日の2日間かけて、フォーカス10、フォーカス12 を徹底的に体験していただきます。

友達がハマってる、って言ってた 「ヘミシンク」 って、なんだろう?
という全くの初心者から、

ヘミシンクに興味があって、自分でCDを購入して聴いているけど、
なんだか何も体験できないし。 どうすれば体験できるようになるの?
という自己流で行き詰まってしまった方まで、お気軽に参加いただければ幸いです。

思うように体験できない方にも、しっかりと 「コツ」 をお伝えします。
(自己流でやっていて体験できない方は、このコツが理解できていないことが多いです)
コツが分かることで、多くの方が体験できるようになっています。

日時は、

2016年9月3日(土)~4日(日) 10:00~18:00

会場は札幌市内(詳細は申込者に別途ご連絡します)

お申し込みはコチラ
http://www.aqu-aca.com/seminar/excursion10/ (エクスカージョンF10コース申し込みページ)
http://www.aqu-aca.com/seminar/excursion12/ (エクスカージョンF12コース申し込みページ)


ヘミシンクの楽しさ、可能性に触れる2日間です。
ワクワクした気持ちでお気軽にご参加ください!

室町びとに学ぶ

最近、室町時代の歌集「閑吟集」にはまっています。

その中に、

なにせうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ

という歌があります。

とても有名な歌なので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。

現代的に訳せば、

なんだなんだ真面目くさって。
人生なんて夢まぼろしよ、狂え狂え!


とまあ、こんな感じでしょうか。

最近、この心境が今の自分にとても近い気がしています。

50をいくつも過ぎて、今更このような「酔狂」な心境になっているのも大人げないかもですが、

結局はそういうことなのかな、と感じる今日この頃。



皆さんはこの歌の心境、どのように感じますか?

今日のリコメンド

Seven Seas


Seven Seas
by Avishai Cohen


前にもどこかでご紹介させていただいたことがあるアルバムです。
しかも、一度や二度ではないかもしれません(笑)

事程左様に、私の大のお気に入りのアルバムです。

ジャズなんですが、演奏しているのがイスラエル人のミュージシャンという、
ジャズ界全体からすると、非常にレアなカップリングといえるでしょう。
この、一見ミスマッチにも思える組み合わせが、絶妙なる音世界を作り上げているんです。

特に、アルバムのタイトル曲「Seven Seas」は、何百回聴いても痺れます!

いろいろとレビューするよりも、聴いてみていただくのが一番かと。
百聞は一見にしかず、新聞は一件に一部。

YouTube なんかで探せばスグに見つかります。

本当の幸せって、何だろう・・・

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ



南米ウルグアイの大統領が、

2012年にブラジル・リオデジャネイロで行われた世界会議で行った

スピーチをそのまま絵本にしたものです。


言っていることは、本当にシンプルなことなのですが、

読み終わって、深く考えさせられる内容でした。


物質的に便利に、豊かになってゆくことだけが

本当の幸せなんだろうか・・・

本当の幸せって、何だろう・・・



5分で読める絵本ですので、是非ともご一読を。

春眠暁を覚えず

最近、すごく眠いです。

夜は9時には眠くなるので、抗うことなく布団に潜り込みます。

すると、案の定、朝3時過ぎに目が覚めるのですが、

起き出して仕事をしていると、ウトウトしてしまいます。

気付くと寝ています。

会社への通勤電車の中でも、爆睡します。

3月は3~4回、降りるべき駅を寝過ごしました・・・・・・

仕事をしていても、うつらうつらしてしまいます。

これじゃいかん!

と思うのですが、眠気にはどうしても抗えません。

春眠暁を覚えず、とはいいますが、それにしても眠い!

・・・・・・そろそろ眠くなったので、寝ます。


おやすみなさい。

あの日・・・

41XgU77qA1L.jpg


小保方晴子氏の話題の本です。

読んでみましたが、なんとも考えさせられる内容です。

STAP細胞「事件」については、これまでにも何冊も出版されていますが、
本書は、まさに渦中の人が書いた「あの日」の記録です。

本書の内容が真実なのか、どこまで真実なのか、
その辺の細かいところは分かりませんが、
興味深いのは、小保方晴子氏の視点から書かれた本である、ということ。

世の中、特にメディア関連はこぞって小保方氏を徹底的に攻撃しましたが、
毎日加熱し続ける報道の異常さに、違和感を覚えていたことを思い出します。
Amazonのレビューも、ものすごい数挙がっており、注目の度合いが分かります。

まさに「賛否両論」と言ったところでしょうか。

否定する人たちの論点は、彼女の研究者としての資質や方法論を攻撃しますが、
この本の価値は、そこではないように思います。

ひとりの人間が受けたバッシングの数々、
それにより受けた彼女の心の傷の深さは、果たしてどれほどのものだったのだろう・・・
私に想像しきれるほど、甘いものではなかったことは確かだと思います。

何よりも怖いのは、これが自分の身に起きたとしたら・・・ということ。

報道や風評の恐ろしさ。
それは、ほとんどの人がその内容を疑うことなく信じてしまうことです。
その結果、小保方晴子氏の身に起きたことが、彼女の視点で書かれた本です。

読んでおいて損はないと思います。

札幌で会いましょう!

yjimage.jpg



いきなりですが、北海道でセミナーやります!

ヘミシンクの入門コース「エクスカージョン・ワークショップ」です。

札幌でアクアヴィジョンのトレーナーをやっている「キミさん」と一緒です。



ヘミシンクを体験したことのない方、

ヘミシンクを独学でやってるけど、いまひとつ体験が出来ない方、

そこそこ体験はあるが、次のステージにステップアップしたい方




きっとご満足頂けるセミナーになると思います。

是非ともご参加を検討ください!



エクスカージョン・ワークショップ at 札幌

日時:2月20日(土)〜2月21日(日)
   10:00〜18:00(両日とも)

お申し込みは以下

2月20日(F10コース);
  https://www.aqu-aca.com/holding_data/SH002771/application/form/

2月21日(F12コース);
  https://www.aqu-aca.com/holding_data/SH002772/application/form/


たくさんの方のご参加をお待ちしています!!
≪PREVNEXT≫
soul station について

物質界と非物質界を行ったり来たり。 自らのヘミシンク体験記録。

ヘミシンクのことを初めて知ったとき、「ホントかよっ!」 と半信半疑だった。 同時に 「ホントだったら凄いな!」 と心の何処かで興奮した。 これは自分で確かめるしかない。 ということで、自らのヘミシンク体験を記録し始めた。

プロフィール

jazz

Author:jazz
プラス思考でもマイナス思考でもなく、ニュートラルが一番と思って生きてきたが、ヘミシンクを通して、やっぱりプラス思考の方が理に叶っていると思い始めている。 趣味はヘミシンク、音楽はジャズ、飲み物はコーヒー、そして機械式腕時計の好きな中年オヤジである。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。